戦士のズル休み | 模型全般



フォローしてね!

2018.03.24

「LOVE TOYS 三角木馬」製作!

 

 

 

 

 

 

 

 

現在製作中のウイングガンダムゼロと並行して、息抜きにこちらを作りました。

 

CIMG1980

 

1/12の三角木馬のプラモです (°д°)

同スケールの可動フィギュアと組み合わせて遊べるようになっています。

開封時、取説が入っていなかったので一瞬慌てましたが仕様でした。

取説はメーカー公式サイトからダウンロードするようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1987

 

パーツの切り出し並びに合わせ目処理の準備。

左のランナーが余剰パーツ、頭部と尻尾がひと組余ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1988

 

仮組。

頭部と尻尾の合わせ目は処理しておくと見栄えが良くなります。

側面には繊細な木目ディテールが入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1992

 

塗装後。

参考までにカラーレシピを記載しておきます。

(C:クレオス、G:ガイアノーツ、F:フィニッシャーズ)

 

茶色:(C)マホガニー+(C)ダークアース

  エナメルの黒でウォッシング、ランダムに拭き取り艶消しでトップコート

 

金色:(F)赤金+(F)青金

 

銀色:(G)プレミアムミラークローム

 

目:(G)黒サフ

 

脚部はNormal、Rocking、Mobile、Rodeoの4種類から差し替えで変更できますが、

自分はMobile(車輪付き)一択としました。

 

それでは早速フィギュアを乗せてみましょう(*-∀-*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2001

 

今流行りのフレームアームズガールだと脚が地面に届いてしまいます。

塗装済み可動フィギュアの「figma」がピッタリです。

手元にあったニパ子ちゃんを乗せてみました。

こちらの写真をTwitterに投稿したところ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018032401

 

ニパ子ちゃんご本人から超速攻でツッこんでいただきました。

ありがとうございました<(_ _*)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は「ドラクエ漫画」を予定しています。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーサイト
Posted at 04:48 | 模型全般 | COM(14) | TB(0) |
2017.11.30

第4回 干拓の里 プラモデル合同展示会レポート

 

 

 

 

 

 

 

 

早いもので4回目となりました。

今年も長崎、諫早のテーマパーク「干拓の里」で開催されたプラモデル合同展示会に参加してきました。

今年は開催月が8月から11月に変わり、夏が苦手な自分にとって嬉しい変更となりました。

 

今回は思いのほか参加者の皆さんの撤収が早く、自分が来た時には半分ぐらいの作品が撤収済み。

それに加えて展示会場の照明がホテルのロビーのような薄暗い感じになり、

外も曇天だったために写真も残念な感じとなってしまいましたが、

せっかく撮ったのでとりあえずご覧下さい ( ..)"

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1882

 

 

 

 

 

 

CIMG1885

 

今回もスケール系モデルの安定感が半端ではありませんヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1899

 

「艦これ」夜戦のお供、夜偵です。「川内」搭載機だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1879

 

メガサイズユニコーン。

かなりデカかったです。全塗装で完成させること自体がすごいです (`・д・ノノ゙☆パチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1876

 

1/144HGガンダムバルバトス。

「鉄血」世界観をイメージしたような塗装が良いですね d('∀'*)

ポーズも格好良く決まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1892

 

シン・マツナガ専用ザク。

モノアイがLEDで点灯しています ('∀`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1884

 

クリスマス仕様ベアッガイ。

楽しんで製作されているのが伝わってくるような素敵な作品です.+:。(´ω`*)゜.+:。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回長崎の模型サークル「チームチャンポン」所属モデラー、

kentさんとお話させていただきました。

既に撤収済みだった作品をもう一度出していただきありがとうございます <(_ _*)>

子供さんが早く帰りたがっていたのを引き止めてしまい申し訳ありません。

 

CIMG1893

 

kentさん製作のRE/100ハンマ・ハンマ。

とても丁寧に製作、塗装されていて素敵です。

展示台も光沢仕上げでピカピカです (☆∀☆)

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1894

 

同じくHGグレイズ。

ライフルの模様がすごいですヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1890

 

同じくkentさん製作の…すいません、車あまり詳しくないので車種がわかりません (´。・д人)

マジョーラで塗装、ピカピカに磨いてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回自分はといいますと、

 

CIMG1903

 

RGシナンジュ

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1902

 

レーシングミクBMW

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1874

 

そして実家から9年前に作ったダイゼンガーを持ち込み参加しました。

 

来年もまた干拓の里でお会いしましょう ( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事はFAGフレズヴェルク完成記事後編を予定しています。

それではまた (*◕ฺω◕ฺ)ノ


Posted at 23:09 | 模型全般 | COM(6) | TB(0) |
2016.08.10

第3回 干拓の里 プラモデル合同展示会レポート

 

 

 

 

 

 

夏だ!模型だ!干拓だ

 

 

ということで今年で3回目ですね。

もう少し涼しい時期にやってもらえませんでしょうか)

今年も長崎、諫早のテーマパーク「干拓の里」で開催されたプラモデル合同展示会に参加してきました。

それでは早速参加作品の数々をご覧下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1423

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1426

 

今年もスケール系モデルの安定感が半端ではありませんヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1442

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1431

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1441

 

こちら常連さんですね~

情景の構成が素晴らしいです。

製作者の方、今年もゆっくりお話させていただきました。

模型製作のテクニック等非常に興味深い話、勉強になる話も聞かせていただき感謝です ("Ü")

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1443

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1433

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1440

 

こちらの方は初参加ということでカーモデルを数多く出品されてました。

こちらの方とも長時間お話させていただきました。

個人的にプラモのモ子ちゃんがお気に入りで持って帰りたいぐらいでした (^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1419

 

「アルペジオ」の伊401ですね。

エッチングパーツを駆使した作り込みがすごい!(`・д・ノノ゙☆パチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1430

 

御夫婦で参加されてました。

ザクⅢはご主人、グフカスタムは奥様の作品です。

ご主人とは少しだけお話させていただきました。

ザクⅢの背中に百式の羽をつけていますが、本当はファンネルを付けたかったそうです。

それにしても御夫婦でジオン系ガンプラチョイスとは渋いですね ヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1439

 

こちらは親子でのご参加。

手前のザクⅠは息子さん、奥のサイコザクはお父さんの作品です。

お父さんは他にも数点展示されてましたが見事な腕前で見入ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1449

 

…で、自分はといいますと百式くまモンを持ち込みました。

今年は2体だけだったので次回はもっと…できれば10体ぐらいは持ち込みたいですね。

 

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

 

 

 

 

 

同じ趣味の人たちと色々お話できるのは楽しいですね。

また干拓の里でお会いしましょう(*^-^*)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は製作中のザブングルの進捗状況の予定です。

それではまた ( ´・ω・`)ノ


Posted at 23:38 | 模型全般 | COM(4) | TB(0) |
2016.07.14

「くまモンのプラモ」完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1406

 

「くまモンのプラモ」完成しました ( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1398

 

サイドビュー。

後述の表情差し替えギミックのために頭部の合わせ目はそのまま残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1399

 

リアビュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1400

 

CIMG1401

 

CIMG1402

 

キットには豊富な表情差し替え用パーツが付属、

いろんな表情を楽しむことができます。

三日月型の眉はシールが付属しますが本作例ではマスキングして塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1403

 

キット全容。

表情パーツは口周り4種、目が5種✖2付属。

表情パターンは…何通りになりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のキットは無塗装でガシガシ遊んで楽しむのが一番ですが…

一応カラーレシピを書いておきます。

今回は全てガイアノーツ製の塗料を使用しました。

 

黒:ピュアブラック

 

目の白:Exホワイト

 

耳、眉、口周りの白:NAZCAスチールホワイト+Exホワイト

 

頬の赤:NAZCAフレイムレッド

 

トップコートは目は光沢のテカテカ仕上げ、

その他の全身は最初つや消しでトップコートを試みたのですが、

くまモンのように全身真っ黒だと艶消しでは白っぽくなってしまったので、

悩んだ末に半光沢の砂吹きにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1376

 

次回作は「スーパーミニプラ ザブングル」を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月上旬から暑い日が続きますね。

こちらでは50年に一度の大雨とかで…

連日の雨と蒸し暑さで自分ももうすっかり参ってしまっています。

皆様も体調管理等ご注意ください。

 

それではまた (。・ω・)ノ゙


Posted at 22:47 | 模型全般 | COM(8) | TB(0) |
2016.06.23

「くまモンのプラモ」製作開始

 

 

 

 

 

 

 

全国ニュースでも伝えられましたが、こちらは記録的な大雨となりました。

昨日の自分と職場のパートのオネエチャンとの会話。

 

パート 「昨日、停電しました?」

 

らす 「ああ、夜9時ぐらいだっけ?うちも消えたよ。

  ちょうどお風呂から出たばかりで慌てちゃって。

  お風呂に入ってる時に停電したら大変だった」

 

パート 「感電しちゃいますよね」

 

 

しないしないしない Σ(゚д゚;)

 

 

それぐらいで感電してたら停電する度に怪我人続出ですってば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は久しぶりの模型関係記事ですが、

前回予告していた通り、次はこれを作ります。

 

CIMG1317

 

「くまモンのプラモ」

 

その名の通り、キングオブゆるキャラのくまモンがプラモデルになりました。

発売元はフジミ模型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1318

 

パーツ一覧。

元々がシンプルなデザインですが、

成形色と付属のシールで色分けはほぼ完璧に再現できます。

キットはニッパー不要のタッチゲート方式ですが、

一部手でもぎ取るのは少し怖いようなパーツもありました。

そしてタッチゲートに加えてアンダーゲートも採用されていて、

ゲート跡が極力目立たないよう配慮されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1371

 

合わせ目が出るのは頭部側面、胴体側面、腕側面、脚側面です。(腕と脚は処理済み)

全て前後合わせで完成時正面から見た時に合わせ目が見えないよう工夫されています。

頭部の合わせ目は表情の差し替えギミックがあるので消さずにそのまま残します。

アンダーゲート方式で合わせ目にゲート跡が出てしまうので、

合わせ目を消す場合そこはしっかりと処理しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1369

 

合わせ目を消して仕上げる場合、

少々厄介なのが両脚と股関節を胴体で挟み込む構成になっているという点です。

昔のガンプラを思い出しますが、くまモンのデザイン上致し方ないでしょう。

ここは両脚を先に塗装してマスキング、胴体で挟み込んで胴体の合わせ目消し…という手順になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1372

 

足の裏にも合わせ目が出ますが、ここは無理して合わせ目処理する必要はないでしょう。

自分はモデラーの性からパテまで使ってやってしまいましたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1370

 

仮組み完了。

ご覧の通り結構大きいです。

プロポーションは実物のぬいぐるみよりも若干スマートかな?といった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1373 CIMG1374

 

頭部、胴体に缶スプレー白サフを吹いて#800で水研ぎした状態。

ヒケの跡が明白に確認できますね。

 

 

 

 

次回から塗装に入ります。

それではまた*^ω^)ノ"


Posted at 19:54 | 模型全般 | COM(4) | TB(0) |
まとめ