戦士のズル休み | 模型全般



フォローしてね!

2016.08.10

第3回 干拓の里 プラモデル合同展示会レポート

 

 

 

 

 

 

夏だ!模型だ!干拓だ

 

 

ということで今年で3回目ですね。

もう少し涼しい時期にやってもらえませんでしょうか)

今年も長崎、諫早のテーマパーク「干拓の里」で開催されたプラモデル合同展示会に参加してきました。

それでは早速参加作品の数々をご覧下さい(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1423

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1426

 

今年もスケール系モデルの安定感が半端ではありませんヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1442

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1431

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1441

 

こちら常連さんですね~

情景の構成が素晴らしいです。

製作者の方、今年もゆっくりお話させていただきました。

模型製作のテクニック等非常に興味深い話、勉強になる話も聞かせていただき感謝です ("Ü")

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1443

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1433

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1440

 

こちらの方は初参加ということでカーモデルを数多く出品されてました。

こちらの方とも長時間お話させていただきました。

個人的にプラモのモ子ちゃんがお気に入りで持って帰りたいぐらいでした (^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1419

 

「アルペジオ」の伊401ですね。

エッチングパーツを駆使した作り込みがすごい!(`・д・ノノ゙☆パチパチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1430

 

御夫婦で参加されてました。

ザクⅢはご主人、グフカスタムは奥様の作品です。

ご主人とは少しだけお話させていただきました。

ザクⅢの背中に百式の羽をつけていますが、本当はファンネルを付けたかったそうです。

それにしても御夫婦でジオン系ガンプラチョイスとは渋いですね ヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1439

 

こちらは親子でのご参加。

手前のザクⅠは息子さん、奥のサイコザクはお父さんの作品です。

お父さんは他にも数点展示されてましたが見事な腕前で見入ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1449

 

…で、自分はといいますと百式くまモンを持ち込みました。

今年は2体だけだったので次回はもっと…できれば10体ぐらいは持ち込みたいですね。

 

(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

 

 

 

 

 

同じ趣味の人たちと色々お話できるのは楽しいですね。

また干拓の里でお会いしましょう(*^-^*)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は製作中のザブングルの進捗状況の予定です。

それではまた ( ´・ω・`)ノ


スポンサーサイト
Posted at 23:38 | 模型全般 | COM(4) | TB(0) |
2016.07.14

「くまモンのプラモ」完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1406

 

「くまモンのプラモ」完成しました ( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1398

 

サイドビュー。

後述の表情差し替えギミックのために頭部の合わせ目はそのまま残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1399

 

リアビュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1400

 

CIMG1401

 

CIMG1402

 

キットには豊富な表情差し替え用パーツが付属、

いろんな表情を楽しむことができます。

三日月型の眉はシールが付属しますが本作例ではマスキングして塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1403

 

キット全容。

表情パーツは口周り4種、目が5種✖2付属。

表情パターンは…何通りになりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のキットは無塗装でガシガシ遊んで楽しむのが一番ですが…

一応カラーレシピを書いておきます。

今回は全てガイアノーツ製の塗料を使用しました。

 

黒:ピュアブラック

 

目の白:Exホワイト

 

耳、眉、口周りの白:NAZCAスチールホワイト+Exホワイト

 

頬の赤:NAZCAフレイムレッド

 

トップコートは目は光沢のテカテカ仕上げ、

その他の全身は最初つや消しでトップコートを試みたのですが、

くまモンのように全身真っ黒だと艶消しでは白っぽくなってしまったので、

悩んだ末に半光沢の砂吹きにしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1376

 

次回作は「スーパーミニプラ ザブングル」を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月上旬から暑い日が続きますね。

こちらでは50年に一度の大雨とかで…

連日の雨と蒸し暑さで自分ももうすっかり参ってしまっています。

皆様も体調管理等ご注意ください。

 

それではまた (。・ω・)ノ゙


Posted at 22:47 | 模型全般 | COM(8) | TB(0) |
2016.06.23

「くまモンのプラモ」製作開始

 

 

 

 

 

 

 

全国ニュースでも伝えられましたが、こちらは記録的な大雨となりました。

昨日の自分と職場のパートのオネエチャンとの会話。

 

パート 「昨日、停電しました?」

 

らす 「ああ、夜9時ぐらいだっけ?うちも消えたよ。

  ちょうどお風呂から出たばかりで慌てちゃって。

  お風呂に入ってる時に停電したら大変だった」

 

パート 「感電しちゃいますよね」

 

 

しないしないしない Σ(゚д゚;)

 

 

それぐらいで感電してたら停電する度に怪我人続出ですってば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は久しぶりの模型関係記事ですが、

前回予告していた通り、次はこれを作ります。

 

CIMG1317

 

「くまモンのプラモ」

 

その名の通り、キングオブゆるキャラのくまモンがプラモデルになりました。

発売元はフジミ模型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1318

 

パーツ一覧。

元々がシンプルなデザインですが、

成形色と付属のシールで色分けはほぼ完璧に再現できます。

キットはニッパー不要のタッチゲート方式ですが、

一部手でもぎ取るのは少し怖いようなパーツもありました。

そしてタッチゲートに加えてアンダーゲートも採用されていて、

ゲート跡が極力目立たないよう配慮されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1371

 

合わせ目が出るのは頭部側面、胴体側面、腕側面、脚側面です。(腕と脚は処理済み)

全て前後合わせで完成時正面から見た時に合わせ目が見えないよう工夫されています。

頭部の合わせ目は表情の差し替えギミックがあるので消さずにそのまま残します。

アンダーゲート方式で合わせ目にゲート跡が出てしまうので、

合わせ目を消す場合そこはしっかりと処理しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1369

 

合わせ目を消して仕上げる場合、

少々厄介なのが両脚と股関節を胴体で挟み込む構成になっているという点です。

昔のガンプラを思い出しますが、くまモンのデザイン上致し方ないでしょう。

ここは両脚を先に塗装してマスキング、胴体で挟み込んで胴体の合わせ目消し…という手順になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1372

 

足の裏にも合わせ目が出ますが、ここは無理して合わせ目処理する必要はないでしょう。

自分はモデラーの性からパテまで使ってやってしまいましたが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1370

 

仮組み完了。

ご覧の通り結構大きいです。

プロポーションは実物のぬいぐるみよりも若干スマートかな?といった感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1373 CIMG1374

 

頭部、胴体に缶スプレー白サフを吹いて#800で水研ぎした状態。

ヒケの跡が明白に確認できますね。

 

 

 

 

次回から塗装に入ります。

それではまた*^ω^)ノ"


Posted at 19:54 | 模型全般 | COM(4) | TB(0) |
2015.08.05

今年も模型展示会に参加したよ!①

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0457

 

長崎県諫早市のテーマパーク「諫早ゆうゆうランド干拓の里」で開催の、

「第2回 干拓の里プラモデル合同展示会」に参加してきました(*^^)v

(↑写真も文章も去年のコピペ+α ( ̄∀ ̄))

 

 

 

それでは早速、参加作品を紹介しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0913

 

 

 

CIMG0910

 

 

 

CIMG0929

 

 

 

CIMG0928

 

今回もスケール系モデルの安定感が半端ではありませんヽ〔゚Д゚〕丿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0912

 

でか!(°д°)

 

冗談抜きで今にも飛びたちそうな迫力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0901

 

メタリックブルーが綺麗ですヽ〔゚Д゚〕丿

車体に関する解説や製作記事を添えるプレゼンも素敵ですね~

製作者の方とお話させていただきましたが、

模型への情熱に只々圧倒されるばかりでした。

自分も来年はカーモデルで参加します!(まじで?(゜ロ゜))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0907

 

タイタニック号。これもデカいですヽ〔゚Д゚〕丿

これでスケールどれぐらいなのでしょうか。

船首にディカプリオのフィギュアを立たせてみたいですね~

ちなみにガラスケースに映っているのは自分の脚です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0908

 

漁船。

これもっとデカいです(@_@;)

木製模型ということですが、キットなのかスクラッチなのかは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0904

 

参考出品、懐かしのレアなキットの数々。

ジャスピオンとか懐かしいですね~

耳に手を添える変身ポーズが当時クラスの男子の間で流行りました。

 

そしてまさか「花の子ルンルン」もプラモデルになっていたとは Σ(´∀`;)

パーツを見る限りではショックで寝込んでしまいそうな仕様ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0905

 

これ自分も買いました!

フルアーマーガンダムが出た時は垂直ジャンプして喜びましたねo(^▽^)o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回で終わらせようと思いましたが…

長くなりそうなのでやはり前後編に分けますね。

次回はガンプラを中心に紹介しようと思います。

 

それではまた( ´_ゝ`)/


Posted at 02:01 | 模型全般 | COM(6) | TB(0) |
2015.03.21

連装砲ちゃん製作中

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0763

 

MGHiνガンダムが完成したところで、

塗装ブースのエアフィルターを交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0764

 

凄!!Σ(゚д゚lll)

 

ホコリやミスト化した塗料で完全に詰まっています。

最後の方はフィルターとして機能していなかったかもしれませんね(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0765

 

フィルターの交換はアタッチメント的な物でワンタッチ…と思いきや、

実は市販の両面テープで貼り付けるという原始的な方式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて前回の予告通り、次に作るプラモはこちら「連装砲ちゃん」です。

 

CIMG0700

 

前回は軽く流しましたが、「連装砲ちゃん」というのは、

 

 

 

4bfa862c56a376ac

 

「艦隊これくしょん」というゲームに登場する人気キャラ「島風」が連れている、

その名の通り砲台の姿をしたゆるキャラですヽ(´∀`)9

個々の意思を持って行動しているようですが、ロボットなのか生物なのかは不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0703

 

とりあえずパーツをランナーから切り出しました。

これで全パーツです。

浮き輪の裏側が空洞になっているのが真っ先に気になりますね~

合わせ目が出るのは円柱状の胴体のみ。

砲塔部は凸ディテールを境目に上手く分割してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0760

 

浮き輪の裏側はパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0758

 

ダメージを受けた状態再現用の曲がった砲身パーツ。

成型上の都合からでしょうか砲門が開いていませんので、(写真左)

ピンバイスで開口しました。(写真右)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0759

 

通常状態の真っ直ぐな砲身も砲門の彫りが浅いです。(写真左)

こちらも開口しました。(写真右)

砲門を黒で塗り分けるよりも穴を開けてしまったほうが楽だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0766

 

そういうわけで塗装準備完了!

次回は完成記事になる…かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    20150321

 

必然的に島風を描いてみました(*´∀`*)

それではまた(ヾ(´・ω・`)


Posted at 23:40 | 模型全般 | COM(2) | TB(0) |
まとめ