戦士のズル休み | 格闘野郎の集い



フォローしてね!

2012.08.16

【お盆休みは格闘だ!】 格闘野郎の集い2009

 

好評の格闘野郎シリーズ、遂に完結です!

もはや出し惜しみなしでいきます!

 

 

 

 

-----------------------------------------------

 

 

実録ドキュメント

格闘野郎の集い2009

 

 

ani020

 

2年間の沈黙を破り、あの男が帰ってきた。


3年前、ミーに格闘家の心意気を教えられたらす兄は、
山に篭り修行の日々を送っていたのだ。


修行で何かを掴んだのか、
兄の表情は自信に満ち溢れていた。

敢えて言わせてもらおう。
俺はあの頃とはもはや別人だと。
今の俺はもう、世界中の誰にも負ける気がしない。

 

 

「ふっ…それはどうかな?」
「なんだと?」

 

 

 

anio200901

 

そんな兄をあざ笑うかのように、弟らすが立ち塞がる。

 

兄 「面白い。試してみるか?」

 

 

 

anio022

 

兄は弟に一瞬で倒されてしまった。

 

兄 「な…何故だ…」

らす 「ふ…老いたな兄よ」

 

40歳を超えた兄の肉体は、

格闘家としてのピークを過ぎてしまっていたのだ。
修行の旅から兄を待っていたのは過酷な現実だった。

この2年間、兄は現実から逃げていただけなのかも知れない。

 

 

 

anio024

 

兄 「お…俺は一体どうしたらいいのだ」

らす 「諦めるのはまだ早い。俺に任せてもらおう」

兄 「何かいい方法があるというのか?」

らす 「これから改造手術を行う」

 

 

 

anio02

 

らすによる改造手術により、
兄はメカアニーとして蘇った。

 

兄 「おお…力がみなぎる。これなら勝てるぞ…!」

 

そしてメカアニーは宿敵ミーに果たし状を叩きつけた。

 

兄 「勝負だ、さあミーよ、出て来いやぁ!!」

 

 

 

me03

 

ミー 「えっ格闘? まだやってたのかニャン?」

 

ミーは格闘とか、もう飽きていた。

 

 

 

anio026

 

らす 「…ひとりでやってもつまらないよね」

兄 「うん、そうだね…」

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

盛り上がらないまま、一応これで完結ですが・・・

兄次第でシリーズ再開もあるかも?


スポンサーサイト
2012.08.08

【夏休み特別企画】 格闘野郎の集い2006(再)

 

今日も走ってきました! もう汗びっしょりです!

その帰りにコンビニでアイスを買いました!

レジのギャル系のオネエチャン2人に「キャハハ」と笑われました!

その理由は・・・皆さんもうお解りですね!

ハイ、その通りです!(リラックマTシャツ・・・)

 

 

 

 

さて、今日は皆さんお待ちかね(?)の、

「格闘野郎」シリーズでお楽しみください!

今回はシリーズ最高傑作とも呼ばれた、

「格闘野郎の集い2006」です!

 

 

 

 

 

--------------------------------------------

実録ドキュメント

格闘野郎の集い2006

 

 

 

ani10

 

らす兄 「ええ、そうです。そこで私が膝蹴りを出しますので…
      はい、くらったフリで結構です」

ミー 「ミーが負ければいいのかニャン?」


らす 「これはお口汚しですが…」
ミーの大好物、蟹カマボコを差し出すらす弟。


ミー 「おいしそうなカニカマだニャン」

 

「コロンブスの卵的発想」とでも言うべきだろうか、
らす兄はミーを懐柔することで格闘王の座を取り戻すことにした。
要するに、ミーにわざと負けてもらおうというのだ。
一般的に「八百長」と呼ばれる行為である。

 

 

 

 

そして試合当日…

 

 

【有明コロシアムより生中継】

200601

 

今年こそ絶対に勝てる…!
らす兄は確信していた。 だってそう仕組んでるんだもん。

 

 

 

ani041

試合開始。
筋書き通り、低姿勢でミーの出方をうかがう挑戦者らす兄。
ここで不用意に近づいてきたミーを、

必殺シャイニングウィザードで瞬殺KOする手筈になっている。

 

 

 

ani061

 

!?


しかし次の瞬間、

ミーのヒネリの効いたドロップキックがらす兄の顔面に炸裂した。

 

 

 

ani07

 

そしてトップロープからのムーンサルトプレス
息を呑むような華麗な連続技だ。


っつーか、話が違うじゃん。

 

 

 

ani081

 

らす 「おいっ!裏切ったなこのバカ猫が…おぷっ!」


制止に入ったセコンド・らす弟にも情け無用のドロップキック。

 

 

 

200603

 

必殺技、サンダーニャンダーパワーボムでらす弟を葬り去ると、


「格闘に筋書きなど無いんだニャン」


そう吐き捨てるよう言い残し、その場を立ち去った。

 

 

 

----------------------------------------------------

ani010

 

今年も負けた…
しかし、何故か兄の気持ちは晴れやかだった。
俺はミーに格闘で負けたのではない。
ミーの格闘家としての心意気に負けたのだ。


「来年こそは、きっと勝ってみせるさ…!」


らす兄はそう心に誓うと、夜の風俗街へと消えていくのであった。

 

       終わり

 

 

 

-------------------------------------------------------

200602

次もまた、見てくださいね~

 

 

 

次回は遂に完結編「格闘野郎の集い2009」!

40歳を過ぎて体力に衰えを見せ始めたらす兄が、

背水の陣で格闘王ミーに挑む!

全米が涙したスペクタクル巨編に乞うご期待!

(ネタがなくなったら、そのうちまたUPしま~す(゚ω゚))

 

 

 

 

・・・あ~遂に、顔出しちゃいましたね~

写真は目玉が飛び出るぐらいブレてますけどね~

でもまぁ、ツィッターでも顔出しちゃってるし、

まあいいかという感じですかね。


2012.08.02

格闘野郎の集い2005

 

いや~暑いですね!

皆さん、夏☆しちゃってますか!?(80年代のノリ)

自分は8月に入ったばかりだというのに、

早くも夏バテ気味です。

そういうわけで(どういうわけで?)

今日は好評(?)の格闘野郎シリーズでお楽しみください。

 

 

 

 

----------------------------------------------

 

実録ドキュメント

格闘野郎の集い2005

 

 

屈辱の瞬殺劇から1年。

もはや負けることは許されないらす兄
今年こそ勝たねばならない。

どんな手段を使ってでも。

 

 

 

200501

 

【両国国技館より生中継】

 

ani351

 

らす兄は試合を有利に進めるべく、

レフェリーに弟らすを配置、
ミーに対し磐石ともいえる圧倒的有利な体勢を確立した。
要するに「勝てばいい」のだ。

「勝った方が強い」のだ。
らす兄にかつてのストイックに強さのみを追い求める純粋さは、

もはや微塵も残っていなかった。

 

 

ani352 ani358

 

そして試合開始。

セオリー通り、低姿勢でミーににじり寄るらす兄。(靴下脱げよ)
この性懲りもない挑戦者をどう料理するか。

ミーがそう思った、その時!

 

 

ani359

 

「オフサイド!!」


わけのわからないことを言いながら、

背後からミーを押さえつけるレフェリーらす弟。


「いいぞ、しっかり押さえてろよ!」


「ひ、卑怯だニャン」


自動車とインチキが大嫌いなミーの怒りが爆発する!

 

 

ani355 ani356

 

ガブッ


「あ痛ッ!」


らすの腕に噛みつき窮地を脱したミーは、

そのまま背後かららすの首を絞める。


「あ、あちょぷぅ!?」

 

3年連続でスリーパーで落とされるヘタレ王らす。

 

 

ani353

 

完全に戦意を喪失したらす兄に執拗に攻撃を加えるミー。
もはや勝敗は決した。

 

 

ani357

 

「これぐらいのハンデじゃ全然足りないニャン」


敗者を蹂躙する究極格闘猫ミー。
もはや誰もミーには敵わないのか…?
しかしその時!

 

 

ani360

 

「ミー! あんたまた、障子を破ったでしょ!?」

 

ani361


らす母に連行されるミー。


「あっ! ママごめんニャ~~」

 

ミーにはらす母のキツいお仕置きが待っているのだった。

 

 

 

 

ani362

 

はいジャンガジャンガジャンガジャンガジャンガジャンガ…

 

 

 

------------------------------------------------

 

アンガールズの「ジャンガジャンガ・・・」で締める辺りに時代を感じます。


2012.07.23

【ネタ切れ御免】 格闘野郎の集い2004(再)

 

 

皆様、こんばんは!(せめて挨拶だけは元気に)

 

今日もネタがありませんm(__)m

前回好評(?)につき、

今回も引き続き、

「格闘野郎」シリーズでお楽しみください。

 

 

 

 

-------------------------------------------

実録ドキュメント

格闘野郎の集い2004

 

 

ani279

2003年8月、彼は全てを失った。
今まで築きあげてきた名声を、そしてプライドさえも…


しかし男はほどなく再起した。


「落ちる所まで落ちたら、あとは昇るのみ」

自分にそう言い聞かせて。


辛く厳しい自己鍛錬の日々が始まった。
「格闘王の称号は、この俺にこそふさわしいのだ。

必ず全てをこの手に取り戻す!」

 

 

 

ani08

1年前をはるかに上回る力を身につけたらす兄は、
ミーとの再戦に備え、スパーリング相手に弟らすを指名した。
自分の弟さえも倒し、

血に飢えた狼として覚醒するために。(←なんのこっちゃ)

弟が咆哮する。

「いいだろう。俺の屍を踏み越えていくがいい!」

 

 

 

ani06

「どりゃ~~っ!」


龍虎相打つ!

(龍と虎というよりイタチとタヌキですが)

 

 

 

ani02

執拗に追いすがる弟に業を煮やしたらす兄は、
遂に新必殺技の封印を解く。


「あちょぷぅ!?」


兄の新技の前に一蹴される弟らす。

 

 

 

ani5

薄れゆく意識の中、弟はこうつぶやいた。
「喜んで、いただけましたか?」

 

磐石の態勢を整えたらす兄は、

いよいよミーとの再戦に臨む!

 

 

 

ani07

(さいたまスーパーアリーナより生中継)


1年ぶりの因縁の再会。

前回は10秒で倒されたらす兄。
しかし彼には絶対に負けない確固たる自信があった。

 

 

 

ani08   ani09

試合開始早々、

低姿勢からミーにタックルを仕掛けるらす兄。
得意の寝技に持ち込む算段だ。
ミーの細く短い四肢ではサブミッションは不可能に違いない。


しかし次の瞬間、

らす兄はそんな自分の考えが、

練乳をたっぷりかけたパンナコッタ並みに甘かったことを思い知る。

 

 

 

ani07

ミーは先読みでもしていたかのように兄のタックルをかわすと、
素早く兄の左腕に絡みつき、一気に捻り上げる。


ディフェンスする暇もなく腕は伸びきり、

らす兄はギブアップを余儀なくされてしまう。
試合開始後、僅か5秒の出来事であった。

 

 

 

mi211

今年も秒殺されてしまったらす兄。
去年同様、

獲物の上で勝ち名乗りをあげるグレイテスト格闘猫ミー。
(何故か一緒にKOされている弟らす)

ミーよ、お前こそ猫の中の猫だ!
ニャーニャーニャニャニャニャーニャニャニャーニャー(ネコ語)

 

 

ani05

らす兄 「えー、今年も負けてしまいましたが、

    ハッスルやらせてください!お願いします!!」

 

「3、2、1、ハッスル、ハッスル!」

 

らす兄弟 「どうもありがとうございました!」

 

 

熱き格闘野郎たちよ、

来年もまたここで会おう!(えっ?来年もやるの?)

 

 

 

----------------------------------------------

次もまた「格闘野郎」やるかも。。。


2012.07.21

格闘野郎の集い2003(再)

 

 

こんばんは!

みんなお楽しみの週末!ですが、

残念なことにネタがありません。

苦肉の策として、

9年前(!)当時HPでやって好評だったネタ、

「格闘野郎の集い」シリーズでお楽しみください。

 

 

 

-------------------------------------------

 

実録ドキュメント 

【格闘野郎の集い2003】

 

 

彼らは何故戦うのか?
それは誰にもわからない。
彼らは今日も、意味もなく戦い続ける…

 

ani21

 

今年の盆休み。

埼玉より帰省した兄は、マスクとグローブを持ってきていた。
イヤな予感…
そして兄はこう言った。 

 

「プロレス技かけさせろ」


『プロレス技の実験台』…弟の宿命である。

(大抵のご家庭ではそうだろうと思います)
しかし弟は果敢にも、そんな兄に立ち向かう。


「オレを今までと同じだと思うなよ!

今年こそ下克上だ!!」

 

suripa1

しかしあまりにもスキだらけで、簡単にバックを取られてしまう。
バッファロースリーパー。

最近の兄のお気に入りプロレス技だ。

「あっ、タイム!一旦ストップ!一旦…」


プロレス技の実験に、ギブアップという言葉は通用しない。
数秒で絞め落とされる弟。
すがすがしいほどのヘタレぶりである。

 

 

ani61

薄れゆく意識の中、弟は思った。


「あぁ~、久しぶりに寿司食いてぇ~」

 

 

 

弟を秒殺し、勝ち名乗りをあげる兄。
しかし、最強の戦士の称号を虎視眈々と狙う者がいた…!

 

mi71

挑戦者現る!!

 

 

 

 

ani31

「次はミーが相手だニャン」


「面白い…猫だからとて手加減せぬぞ!」

 

人間対猫。夢の異種格闘技戦である。

 

 

 

ani41

「くらえ!」 シュッ!
らす兄の右フックがうなりをあげる!
(動物虐待はやめましょう)

 

 

efekuto1

「フーッ!!」

ビシィッ!!!

 

 

ani37

勝負は一瞬でついていた。 

必殺ネコパンチ炸裂である。


「口ほどにもないんだニャン」


「こ…これでいいのだ…!」


兄は何故か納得していた。 

彼は王者であり続けることに疲れていたのかも知れない。
そんな彼にこの言葉を捧げよう。

『You are king of kings…』


…しかし、このマヌケな姿…

こんなんでも会社では役職についているというから、

世の中は不思議である(笑)

 

 

 

 

 

------------------------------------------

 

このシリーズは2003~2006、2009と続いています。

近年は兄が多忙のため帰省できないのと、

ミーの高齢化のためやっていませんが…

好評でしたら次は

「格闘野郎の集い2004」をお送りしたいと思います。


まとめ