戦士のズル休み | ザブングル



フォローしてね!

2016.09.16

スーパーミニプラ ザブングル 完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1473

 

WALKER MACHINE  XABUNGLE TYPE

 

 

 

 

 

 

商品を1Box購入することで写真のフル装備状態が再現できます。

付属のライフルは1パーツ構成で幅が薄く全体的に小さいのが気になったので、

HGアカツキのビームライフルを改造して自作しました。

頭部風防(目に当たる部分)はクリアグリーン成型ですが、

パーツが分厚いために完成後は透明の黒にしか見えません。

そこで本作では蛍光グリーンで塗装した上からオーロラデカールを貼ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1461

 

サイドビュー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1467

 

リアビュー。

関節は本体と同じ青で塗装するのが正解ですが、

全体的なメリハリが欲しかったのでグレーで塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1481

 

食玩と侮るなかれ、

思いのほか可動範囲が広く、劇中を彷彿させる派手なアクションポーズを決めることができます。

特に足首の可動域は驚異的です。

このデザインでよくもまぁここまで、といった感じです。

但し頭部(首)はほとんど回転しません (;_;)

後は関節がポリパーツ非使用なので往年のガンプラ旧キットをご存知の人には、

最終的には関節がヘナヘナになってまともに立てなくなるのでは、という不安が頭をよぎります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1487

 

 

 

CIMG1485

 

背中のウイングを破損した物と差し替え、

腕の車輪を外すと主人公ジロン・アモス搭乗機が再現できます。

この辺り芸が細かいです。

そういえばザブングルって2機いましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1491

 

このキットがすごいのはここからです。

なんとブングル・スキッパー(上半身)、ブングル・ローバー(下半身)に分離、変形できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1493

 

そしてさらにトレーラー形態(ザブングル・カー)に合体変形。

カーゴには各種武装(3連装バズーカ、ライフル、9連装ミサイルポッド、4連装ハンドキャノン)を懸架できます。

ちなみに武器は全てグレーの単色成型ですが、泣きながらマスキングして塗り分けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーレシピです。

ザブングル本体の青はメガバズーカランチャーの時と同じガンダムカラー・ブルー11を使いました。

アニメでは脛の青だけ色が濃いのですが、好みで濃淡用意せずに1色で統一しました。

 

((C)…クレオス (G)…ガイアノーツ)

 

【ザブングル本体】

 

青:(C)ガンダムカラー・ブルー11+(G)Exホワイト

 

白:(G)NAZCAスチールホワイト→(G)Exホワイトでハイライト吹き

 

赤:(G)NAZCAフレイムレッド

 

黄色:(C)キアライエロー

 

関節:(C)ニュートラルグレー+(G)黒サフ少々

 

タイヤ:(C)タイヤブラック

 

 

 

【武器類】

 

明るいグレー:(C)RLM75グレーバイオレット

 

濃いグレー:(C)ネービーブルー

 

黄色:(C)キャラクターイエロー+(C)キアライエロー+(C)ダークアース極少量

 

 

 

スミ入れは白い部分はタミヤエナメルのジャーマングレー、

黄色の部分はタミヤスミ入れ塗料ブラウン、

それ以外は全てタミヤスミ入れ塗料ブラックです。

トップコートは半光沢で軽くサッと吹きました。

 

武器のグレーは百式、すーぱーふみなの時と同じRLM75グレーバイオレットを使いました。

グレーが微妙に赤っぽいのが好きで多用しています。

 

 

 

 

 

最後に総評です。

プロポーションはご覧の通り、可動域も良好です。

但しあくまでも「食玩」だからなのか、一般的な「プラモデル」と比べるとパーツの精度が気になりました。

パーティングラインを境目に片方は艶々、片方はザラザラしていたり…

ヒケも結構深いのがあちこちに点在しています。

ポリパーツ非使用だからか、全体的に関節は硬め。

さらに塗装すると+塗膜で「関節ガチガチ→無理やり動かそうとして破損」になる可能性が高いです。

可動部や差し替え変形時に干渉する部分は事前にすり合わせを行っておきましょう。

 

 

まぁどんな形であれ、

ザブングルが最新のフォーマットでプラキット化されたことを素直に喜びたいですね。

ちなみに「スーパーミニプラ」シリーズは第2弾がイデオン、

第3弾としてウォーカーギャリアの発売が決定しています。

これはぜひともザブングルと並べたいですね~

以上でした (・∀・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして次回作は

 

 

CIMG1496

 

2013年2月に完成した「けいおんロンドンタクシー」以来、

約3年半ぶりにカーモデルを作ります。

ここのところずっとキャラクター系モデルが続いていたので気分転換ですね。

後は8月の模型展示会でスケール系モデラーの皆様とお話をして、

無性にカーモデルが作りたくなったという背景もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1497

 

しかしデカールを見た瞬間失神しそうになりました Σ(゚д゚lll)

果たしてこれは本当に気分転換になるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新は好評(?)のドラクエ漫画を予定しています。

時間がなかったらトラックバックテーマかな?

 

それではまた ´ω`)ノ


スポンサーサイト
Posted at 04:14 | ザブングル | COM(4) | TB(0) |
2016.08.15

スーパーミニプラ ザブングル 製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模型関係の記事が続きます ( ..)"

今回は製作中の「スーパーミニプラザブングル」の進捗状況をお送りします(^ω^)

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1384

 

腕部の後ハメ加工。

腕は「挟み込んで挟み込んでさらに挟み込み」という塗装派にとっては悪夢のような仕様ですが、

こんな感じで後ハメ加工できます。

まぁホビー誌の製作記事の丸パクりですが (^_^;)

後ハメ加工の練習には良いキットかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1409

 

脚部の後ハメ加工。

脛のBJは少しずつ削りながら無理やり押し込む予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1416

 

ヒケ、押し出しピン跡、合わせ目消しが不完全な箇所等ポリパテで埋めて処理しました。

「made in China」の刻印は凸モールドになっているので削り落としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1417

 

ライフル持ち手は左右用意されていますが、

左ライフル持ち手の穴を接着剤をたっぷり塗ったプラ板を差し込んで整形、

ギュッと握り込んだ手にしました。

わざわざ左手にライフルを持たせることも無いと思いますし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1452

 

三連装バズーカ、

四連装ハンドキャノンの発射口は合わせ目が露出してしまうのでピンバイスで開口しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

淡々とやってしまいましたが今回はここまで。

次回から塗装に入ります。

8月中には完成させたいですね。

 

次回更新記事は投票所の結果発表の予定です。

それではまた (o・・o)/


Posted at 01:29 | ザブングル | COM(6) | TB(0) |
2016.07.27

「スーパーミニプラ ザブングル」製作開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ100

 

ブログランキング「ガンプラ」カテゴリーで1位をいただきました(*≧∀≦*)

いつもブログランキングボタンを押していただき、本当にありがとうございます (人◕ω◕)

 

現在の製作進捗状況から模型関係の記事はもう少し先に引っ張ろうと思っていたのですが、

1位ゲット記念に急遽やることにしました。

どうぞお付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1376

 

くまモンの完成記事で予告していた通り、今回はこれを作ります。

 

「スーパーミニプラ ザブングル」

 

何を隠そう食玩です。模型と一緒にガムが入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1377

 

大箱の中はこんな感じです。

お店ではこの状態で販売されていると思います。

中身は箱に明記されているので自分の欲しい物だけを選んで買うことができますが、

ザブングル単体だけ完成させたい場合は①②を買う必要があります。

③④はザコWMですがザブングルの武器も付属、①~④を全部買うことでザブングルのフル装備が再現できます。

 

ちなみにこの「スーパーミニプラ」シリーズは既に第2弾として「イデオン」の発売が決定しています。

ここまでは富野アニメの合体変形ロボット物が続いていますが…

これはこの先「ダイターン3」とかもワンチャンスあるかも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1382

 

ザブングル単体に必要なパーツ群をピックアップ。

縮尺はノンスケールですがほぼ1/144ぐらいだと思います。

ポリパーツは見当たりません。完成後は可動部の摩耗が心配ですねえ。

成型色での色分けは頑張っていますが程々で、ガンプラのように付属のホイルシールで補完する仕様です。

とりあえずカラーリングを頭に叩き込むために「ザブングル」で画像検索します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ101

 

すると案の定といいますか、あちこちに悔しげな加藤君の顔が…

今の若い人たちは「ザブングル」と聞くと真っ先にお笑いコンビを連想するでしょうねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1390

 

加藤君の事は置いといて製作開始。

真っ先に気になったのがライフルです。

ライフルはまさかの1パーツ構成、薄っぺらくて銃自体も小さく迫力に欠けます。

これはどうにかしたい。

武器は他にも多彩に用意されていますが、やはりライフルは欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1386

 

色々悩んだ末、手元にあった「HG暁」のビームライフルをベースにライフルを自作することにしました。

改造は初心者ですが、

「すーぱーふみな」の改造で一定の成果を挙げたことで調子に乗っています o(・`∀´・)

まずはライフル下部のビームサーベル接続部や照準、グリップ等をバッサリと切り落とします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1408

 

後はこんな感じで詳細は画像を参照ください。

銃口は一旦切り離して下に移動、ライフル後端や下部にプラ板を盛って軽く形状変更。

照準とグリップは「スーパーミニプラザブングル」のライフルから移植しました。

前半分の独特な構造は大変でしたが、

これを再現しないとザブングルのライフルに見えないので頑張りました (´Д`;)

※マークの部分は「HGUCGP01フルバーニアン」のビームライフルの後端から移植しました。

画像に文字を入れるスペースがなかったのでこちらに書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1411

 

白サフを吹きました。

一部SEED臭さは残りましたが、まぁこんなところでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

次回更新記事は投票所の更新の予定です。

それではまた (・ω・)ノ


Posted at 23:21 | ザブングル | COM(2) | TB(0) |
まとめ