戦士のズル休み | ドラゴンクエスト



フォローしてね!

2017.06.25

ラス王子の「ドラクエⅡ日記」特別篇 3バカトリオの旅の軌跡

 

 

 

 

 

 

 

何故この中途半端なタイミングで総集編なのか?

 

答えは単純明快で「やりたくなったから」です (*´∀`*)

 

「ドラクエ漫画」連載開始から10ヶ月、ラス王子一行のこれまでの旅を振り返ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

①【旅立ち】

 

2017062507

↑現在位置はここ

 

 

 

 

 

 

2017062512

 

傷ついたムーンブルク兵は己の命と引き換えに貴重な情報を残した。

大神官ハーゴンを倒すため、ローレシア国・ラス王子は一人旅立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②【すけさん王子との出会い】

 

2017062508

↑現在位置はここ

 

 

 

 

 

2015062513

 

サマルトリア国・すけさん王子は旅の資金を稼ぐためにアルバイトをしていた。

すけさんはラス王子のことを散々「バカ王子」と呼んでいるがコイツも大概である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③【プリン王女との出会い】

 

2017062509

↑現在位置はここ

 

 

 

 

 

20170562514

 

ムーンブルク国・プリン王女の第一印象は、

「ラーの鏡」入手に費やした労力に見合うものでは決してなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④【ラス王子無双、そしてプリンが…】

 

2017062510

↑現在位置はここ

 

 

 

 

2017062515

 

大神官ハーゴンから差し向けられた追っ手。

不利な状況下でラス王子は「スーパーハイテンション」を発動、ほぼ一人で敵を全滅させる。

 

 

 

 

2017062516

 

プリンはラス王子の嘘にまんまと乗せられ、これまでのわがままを悔いるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤【ルプガナでの出会い】

 

2017062511

↑現在位置はここ

 

 

 

 

 

 

20170115051

 

魔物に襲われていた町娘・アキナを思わず庇ってしまうすけさん王子。

熱烈にアプローチしてくるアキナに当初は困惑気味だったが、

 

 

 

 

20170430051

 

最後はアキナの想いを受け入れるのだった。

 

ラス王子たちの旅はこれからも続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【キャラクター紹介】

 

超久しぶりの色付きです o(・`∀´・)

 

 

 

ラス王子

 

2017062504a

 

ローレシア国王子。

自称「リーダー」で事実上パーティーの指揮権を握っている模様。

先の事や難しい事を考えるのが苦手で、

行き当たりばったりでその場しのぎの嘘をついてしまうことも…

 

戦闘では魔法が全く使えない反面、近接戦闘に長ける戦士タイプ。

剣を振りかざし、衝撃波で複数の敵を同時に薙ぎ払う「トランザムライザー」が必殺技。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すけさん王子

 

2017062505

 

サマルトリア国王子。

普段は非常に口が悪いが根は優しく、魔物に襲われたアキナを思わず庇ってしまった。

ツッコミが得意でギャグ要員として欠かせない存在。

ルプガナの町娘、アキナとは遠距離恋愛中。

 

魔法と剣術の両方を会得しているが、器用貧乏で戦闘では決定打に欠ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリン王女

 

2017062502

 

ムーンブルク国王女。

大神官ハーゴンの呪いで犬の姿にされていたが、ラス王子たちによって本来の姿を取り戻す。

しかし用意周到なハーゴンのもう一つの呪いで心を蝕まれていた彼女は、

その後も自分勝手でわがままな言動を繰り返してしまう。

ラス王子の機転により自力で心を取り戻し、頼れる仲間として正式に迎え入れられた。

 

白兵戦は苦手だが魔法攻撃が得意。

ラス王子からは「パーティの主砲」と評される。

 

ムーンブルク王女の髪の色はファミコン版では紫でしたがスーファミ版では金髪になり、

その後(スマホ版等)は再び紫に戻ったようです。

自分の漫画の場合はスーファミ版のプレイ日記なので金髪です。

スカートの丈はゲームではつま先だけ見えるぐらいのロングスカートなのですが、

こちらの漫画では好みで膝丈にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキナ

 

2017062501

 

港町ルプガナの船主の孫娘。

明るく人懐っこい性格で料理等の家事も完璧にこなすメガネっ子。

自分を守ってくれたすけさんに惚れてしまい、

彼との身分の違いに苦悩しつつも緩急織り交ぜた多彩なアプローチで見事にすけさんの心を射止める。

ちなみに脱ぐと結構グラマーだったりする。

 

「アキナ」という名前はリンク様、TARE-MAXさんにつけていただきました (=^0^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大神官ハーゴン

 

2017062503

 

ムーンブルクを壊滅させ、プリンに呪いをかけた張本人。

自らを大神官と名乗り、圧倒的な魔物の軍勢を率いる。

「破壊神シドー」を召喚させ、この世界の全てを滅ぼそうと企む。

さかなクンのような被り物をしているがものすごく強い。

 

所謂「ラスボス」でコイツが登場するまでこの漫画が続いているかは…(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますがリンク様・ponchさんより、

とても素敵なTOP画像をいただきました♪。(*'-'*。)(。*'-'*)。♪

筋肉に富士山、桜、大波、タイトルは金色ととても御利益がありそうな絵ですね~゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

早速TOP画像に登録させていただきました。

TOP画像募集企画へのご参加、本当にありがとうございました!(≧ω≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rasusamabirthday

 

それからもう一つ、こちらもリンク様・風月時雨さんより、

誕生日に素敵なイラストをプレゼントしていただきました ヤッタァ━━━v(*´>ω<`*)v━━━ッ!!

幻のオリジナル漫画、「ハッスルくのいち」のあすかを描いていただきました。

自分が描いたのより100倍可愛いです (,,Ծ‸Ծ,,)

ありがとうございました! ヾ(o゚∀゚o)ノ☆゚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の記事、かなり長くなってしまいました。

思いっきりマウスのホイールを回していただければと思います [^ェ^]

 

 

 

そろそろ次のプラモ作ろうかな~

それではまたヾ(゚ω゚)ノ゛


スポンサーサイト
2017.05.28

ラス王子の「ドラクエⅡ」日記⑭

 

 

 

 

 

 

 

【前回のあらすじ】

 

ラス王子たちのルプガナ出発当日。

身分の違いを知り絶望したアキナはすけさんに別れを告げるが、

すけさんはそんなアキナを抱きしめ、再会の約束をするのだった。

そしてラス王子たちを乗せた船はアレフガルドを目指して出港する…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017052801

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017052802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017052803

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017052804

 

【続く】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「羅針盤の妖精」は「艦これ」ネタです。

ほとんどの方はわからないと思います m(_ _)m

 

ルビスは「ドラクエⅡ」では姿を見せず台詞のみの登場、

「Ⅲ」では姿を見せますが二頭身のドット絵。

鳥山明氏の設定画も(たぶん)存在しないので自分でキャラ設定を起こしました。

4回ぐらい描き直してこの姿でようやく落ち着きました。

今回時間がかかったのはこれが一番の理由です。

ルビスがわざわざ王子たちを引き寄せた理由は…

ゲームをプレイされた方ならなんとなくわかると思います。

ルビスとの絡みはあと1回、その後は今度こそアレフガルドに向かうのか…

作者が気まぐれなのでまた別の所に行くかもしれません。

またそのうち続きを描きますのでお楽しみに (*' ')*


2017.04.30

ラス王子の「ドラクエⅡ」日記⑬

 

 

 

 

 

 

 

 

【前回のあらすじ】

 

出発は今日の午後、残された時間は少ない。

アキナは八兵衛の気を引くためになりふり構わず猛攻を仕掛けるも、

あと一息というところで逃げられてしまう。

そんな八兵衛に対してラス王子は、

逃げずにアキナと正面から向かい合うべきだと諭す。

それがアキナを悲しませる結果になろうとも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043005

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017043008

 

 

 

 

 

 

 

 

アキナとはここでお別れ。

次回から舞台をアレフガルドに移して新たな冒険が始まります。

今回は過去最大のページ数でやりきった感が半端ないです (o´Д`)=з

 

 

 

 

 

 

 

以前(2016年9月)にも一度やりましたが、

「ルプガナ編」終了記念にもう一度ルプガナでのイベントを振り返ります。

 

ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ_039

 

港町ルプガナ。

町外れで女の子が魔物に襲われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016092004

 

プレイヤーに助けを求めてくる女の子。

彼女がこちらの漫画でアキナに相当する人物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016092001

 

敵はグレムリン2体。

ここに初めて来る頃には結構な強敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016092002

 

グレムリンを倒すと女の子はお礼に船主である祖父を紹介してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016092003

 

これで念願の船ゲット。

ちなみにイベントをこなさないとこの老人に門前払いされます。

大体自分の漫画と同じ流れです。

デタラメ漫画と思われがちですが、一応ゲームのストーリーに沿っていますo(・`∀´・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は投票所か模型関係になると思います。

それではまた *^ω^)ノ" ♪


2017.04.06

ラス王子の「ドラクエⅡ」日記⑫

 

 

 

 

 

 

 

※注意※

 

今回は結構エロくなってしまいました.・゜゚人(>ω<。)ゴメンチャィ

苦手な方は閲覧を控えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【前回までのあらすじ】

 

ルプガナで助けた少女、アキナの祖父は船主だった。

快く船を貸してもらえることになったラス王子一行。

そして出発の朝を迎える…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040603

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017040602

 

【続く】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンは今回はお休み。

アキナはお別れも近いので、最後に豪快に脱いでいただきました \(°∀° )/

次回(来月)はアキナと八兵衛の恋の行方、遂に決着がつきます。

どうぞお楽しみにヾ(@⌒ー⌒@)ノ


2017.03.14

ラス王子の「ドラクエⅡ」日記⑪

 

 

 (2017.3.16 アップデート)
アキナの顔など数箇所描き直し、
一部台詞を修正、再upしました。
自己満足レベルです(^_^;)

 

 

 

 

【前回までのあらすじ】

 

結局すけさんは軽傷で済んでいたのだが、

身を挺して守った少女・アキナに懐かれてしまい、

唯唯困惑するばかりだ。

 

 

 

 

 
















 

2017031402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017031403

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


【続く】

「ルプガナ(アキナ)編」がまだまだ長くなりそうなので一旦締めました。

次回はいよいよラス王子一行の船出、

それまでにアキナの想いは八兵衛に届くのでしょうか。

 

それではまた ´ω`)ノ


まとめ