戦士のズル休み | RGシナンジュ



フォローしてね!

2017.04.25

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

こんばんは (^o^)/

今回の記事はRGシナンジュの進捗状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1672

 

前回塗装した赤色部分にデカールを貼っていきます。

キット付属のリアスティックデカールは使用せずに、

別売りのガンダムデカール「HGUCシナンジュ用」を使用します。

 

しかしこの商品、最初「あれ?」と思いましたが…

そうです、デカールにナンバーが振ってありません。

貼付け位置を指示する説明書も付いていません。

自分の好きなように貼ってくれということでしょうか。

「ガンプラは自由だ」とよく言いますが、いくらなんでもこれは自由過ぎます。

 

「うわこれどうしよう」と気が遠くなりましたが、

調べていくうちにデカールのデザイン、

貼付け位置共に「MGシナンジュver.ka」とほぼ同一ということがわかりました。

 

さらに検索していくと有志の方がMGの取説でデカールが貼れるように、

こちらのデカールにナンバーを付けている画像をブログで公開してくれていました。

これはなんとかいけるかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1674

 

押入れの奥で埃を被っていた「MGシナンジュver.ka」が役に立つ日が来ようとは。

保存した画像、MGの取説を参考にデカールを貼っていきます。

それでも非常に難しくで数箇所間違えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1691

 

そして今回もデカール貼付け位置が約150箇所というデカール地獄 (;´д`)

デカール貼り作業だけで1週間かかりました。

デカール乾燥後に光沢クリアーを吹いて赤色部分の完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1690

 

シールド裏、踵の裏側をマスキングしてグレーで塗り分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1696

 

この時点で頭部が完成。

バルカン砲は市販金属パーツに置き換え、

モノアイは光の反射を狙ってオーロラデカールを貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1625425

 

肉抜き穴をエポパテで埋めていた箇所ですが、

 

 

 

 

 

CIMG1693

 

見事に肉痩せしています (;゚Д゚)

特に写真一番左の部分が明白ですね。

ダイエット大成功ですが模型的には失敗です。

面倒だったのでパテとか盛らずにそのまま削り込んでから塗り直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1695

 

そしてここでいつもの病気が出てしまいます。

 

 

ついでにフレーム全部塗り直し o(・`∀´・)

 

 

ガイアノーツ・メカサフheavyで塗っていましたが、

何か気に食わなかったのでその上からニュートラルグレー70%、

マホガニー20%、ブラック10%で塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

当初の予定を大幅にオーバー、完成は5月中旬以降になりそうです。

まだまだやることは多いですがとにかく頑張ります p(*^-^*)q

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は月1回連載の「ドラクエ漫画」を一応予定しています。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーサイト
Posted at 03:15 | RGシナンジュ | COM(2) | TB(0) |
2017.04.01

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

あい *゚▽゚)ノ

 

今回の記事はRGシナンジュの製作状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1663

 

フロントアーマー裏側の肉抜き穴はエポパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1661

 

豊満な下半身と比べて上半身のボリューム不足が気になったので、

胸部両サイドに0.4mmプラ板を貼って胸囲アップ。

ポリパテも併用して表面を整えました。

 

ブログの事とか何も考えずに透明プラ板を使ってしまったので、

写真では今ひとつわかりにくいかも知れません (^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1666

 

赤色部分はメタリック塗装にするのは最初から決めていました。

黒サフを吹いた上からクレオスのGXメタルレッドで塗装。

しかし改めて眺めてみると何か違います。

赤というよりメタリックのピンクですね。

シャアザクには似合いそうな色ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1668

 

さらにその上からガイアノーツ・プレミアムレッドで塗装。

これでかなりイメージに近づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1667

 

写真上がGXメタルレッド、下がその上からプレミアムレッドを塗装した状態です。

 

この後墨入れやマーキングを施して赤部分の完成です。

シナンジュ全身の大半を占める部分なので、

これで一気に前進した気分です。 ヤッタ\( ‘ω’)/ヤッタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1653

 

前後しますがトラブル発生。

脛装甲パーツがパックリと割れてしまいました。

両サイドから軽く摘んだだけなんですけどねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1657

 

こんな時は慌てず騒がず、とりあえずプラモデル用接着剤でくっつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1658

 

接着剤の乾燥を待ち、当木をした紙やすりで継ぎ目を処理します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1662

 

サフを吹いてみたら継ぎ目が消えていなかったのでラッカーパテで補完、

もう一度表面処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1670

 

塗装後の状態。

継ぎ目はキレイに消えましたが、

また割れてしまいそうで触るのが怖いです ((((;゚Д゚))))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

次回更新記事は月1回連載の「ラス王子のドラクエⅡ日記」を予定しています。

月1回なのに何か早いっすね~

 

それではまた ´ω`)ノ


Posted at 23:56 | RGシナンジュ | COM(6) | TB(0) |
2017.02.26

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけそれほど進んでいませんが、

他にやることもないので今回はシナンジュの製作記事をやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1626

 

1/144ガンプラの最高峰「RGシリーズ」の特徴の一つがこちら、

「アドバンスドMSジョイント」です。

可動フレームが一部最初から完成状態となっています。

とにかく早く完成させて遊びたいという方には製作プロセスの軽減という点で有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1625

 

1/144ガンプラ最高峰を謳っている割には肉抜き穴が多いです。

写真の箇所はパケ写でも完成後に目立つことを教えてくれています。

ディテールと解釈するのには少々無理があるのでエポパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1654

 

MGシリーズでは定番となっているシリンダーギミック。

踵側に配置されているので完成後にどれぐらい見えるのかはわかりませんが、

とりあえず芯の部分をシルバーで塗装、マスキングして塗り分けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1655

 

フレームパーツをまとめて塗装。

全身フレームが入っているのでかなりのパーツ数です。

塗料は今回もガイアノーツ「メカサフheavy」を使いました。

フレームの成形色はグレーとシルバーの2色構成ですが、好みでグレー1色に統一しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1656

 

現時点で組める範囲で組んでみました。

コクピットブロックは再現されていますが、

それに座乗するフル・フロンタルのフィギュアは付属しません。(立ち姿のフィギュアは付属)

動力パイプも軟質素材なのでパーティングラインの処理が面倒です。

自分は#800~#1000で地道に磨きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームの塗装はほぼ完了しましたが…

まだまだ全体の進捗状況は30%といったところでしょうか。

次回(模型関係)は全身の大半を占める赤い部分の塗装までいきたいと思います。

 

 

 

 

 

明日は職場の棚卸でガッツリ残業してきます。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


Posted at 22:25 | RGシナンジュ | COM(2) | TB(0) |
2017.02.02

RGシナンジュ製作開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あい *゚▽゚)ノ

 

レーシングミクBMW完成記事で予告した通り、次はこれを作ります。

 

CIMG1607

 

シナンジュとは「機動戦士ガンダムUC」において、

主人公バナージの前に圧倒的な強さで立ち塞がるライバルメカです。

(元々は連邦軍の機体だったため)ジオン系らしからぬスマートなプロポーションに全身に配された金色の装飾、

これに搭乗するシャアに瓜二つの謎の人物、フル・フロンタルの存在感も相まって非常に人気の高い機体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1569

 

パーツ概要。

 

全身の赤はサザビーと同様に濃淡2色構成、フレームもグレーとシルバーの2色です。

装甲の赤はグロスインジェクション採用で艶々となっています。

特筆すべきは全身の金色の装飾が金メッキで別パーツ化されていて無塗装で再現が可能!

これは塗装派、非塗装派両方にとって嬉しい仕様です。

別パーツ化することによって立体感も高まるし良いことばかりなのですが、

強いてデメリットを挙げるとするならば、

別パーツ化+金メッキ加工によって確実にキットの価格が上昇することぐらいでしょうか。

 

ビームサーベル、ビームアックスのビーム刃はクリアイエロー成形、

モノアイは透明の薄緑色で成形されています。

ビームライフルの照準はシール対応でクリアパーツは付属しません。

 

シナンジュは設定でもかなりの大柄ですし、

ご覧の通りのパーツ数なので1/144だからと侮らず、

小~中規模MGと同様の作業量を想定した方が良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1608

 

そして別売りの「RGシナンジュ拡張セット」のキット概要。

内容は専用バズーカ2個に躍動感を感じさせる形状のビームアックス刃、

武器保持用の穴が開いていない左右握り拳、

(ダグザに撃たれて)破損した頭部、

そして誰得の1/144ダグザ中佐フィギュアが付属します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーツ群を眺めていると気が遠くなってきますが、

正月に掲げた年間目標もあるのでとりあえず手を動かしましょう。

 

 

 

 

 

CIMG1609

 

頭部フェイス&内部フレームの後ハメ加工。

写真のような感じではめ込む時に干渉する部分を削ります。

クリアランスが結構シビアで微調整を何度も繰り返しました。

頭部バルカン砲も一旦切り離す必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1610

 

ついでに頭部バルカン砲は市販金属製パーツに変更。

しかしこのままでは長さが足りないので、バルカン砲取り付け部に1mmプラ板を貼って底上げしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1611

 

こんな感じで後ハメ成功 \( ‘ω’)/

但し前述のバルカン砲はこの状態から取り付ける必要があります。

 

♫でっきるかな? でっきるかな? はてはてフム~(はてフム~)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1612

 

できました ('ω')v

 

砲口に楊枝を刺して差し込みます(実践成功済)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

元々素性の良いキットですし、特に難しいことをする予定はありません。

唯唯丁寧に組んで丁寧に塗る!

これでいきます。

一応完成目標は3月末ですが…無理かな?

 

 

 

 

 

 

 

それではまた ヾ(*ΦωΦ)ノ


Posted at 02:24 | RGシナンジュ | COM(4) | TB(0) |
まとめ