戦士のズル休み | RGシナンジュ



フォローしてね!

2017.06.16

RGシナンジュ完成

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1741

 

MSN-06S SINANJU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1749

 

サイドビュー。

シールドの保持は設計で工夫されていますが、やはり肩のトゲトゲと干渉して不自由さが残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1755

 

リアビュー。

スラスター内側はメタリックブルーで塗り分けました。

詳細は後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1760

 

上半身アップ。

頭部バルカン砲は市販金属パーツに置き換えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1760a

 

ビームライフルの照準はクリアパーツ化。

表面をクリアグリーンで塗装、裏側にミラージュデカールを貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは最後の製作記です。

 

CIMG1709

 

百式の時にスラスター内側をメタリックブルーで塗り分けたのが個人的に気に入っていたので、

今回もやってみました。

スラスター内側をガイアノーツ「スターブライトシルバー」+クレオス「色の源シアン」で塗装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1714

 

スラスター内側に練り消しを詰め込んでマスキング。

練り消しはほぼ使い捨てになりますが百均で買えばコストを抑えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1726

 

スラスター外側をガイアノーツ「スターブライトアイアン」+クレオス「スーパーアイアン」で塗装。

練り消しを抜き取って完成。

練り消しが取れにくい場合があるので注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1728

 

膝装甲の丸モールドは削り落として市販ディテールアップパーツに置き換えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1729

 

プロペラントタンク先端のバーニアの後ハメ加工。

と言っても分割して差し込むだけですが、はめ込む際の塗装の剥がれに注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1718

 

武器類の製作。

ビームライフル、グレネードランチャーと「拡張セット」に付属するバズーカ2丁。

こちらモナカ祭りとなっております ( ;∀;)

特にバズは複雑な形状の上にほぼ全周に渡って合わせ目があるので処理がしんどいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1717

 

モナカ祭りの後は肉抜き穴祭りもたっぷり楽しめます ( ;∀;)

完成してから気づきましたが、

写真下段中央のパーツはバズーカをシールドにマウントするための接続用パーツなので2個用意する必要性は薄いです。

これらはただの肉抜き穴ではなく可動やギミックに関係している場合もあるので、

手当たり次第に埋めてしまうのではなく確認しながら作業します。

ホビー誌や個人サイト様の製作記事を参考にするのが手っ取り早いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1761

 

バズーカ✖2も完成。

マーキングはキット付属のテトロンシールを使用、半光沢でトップコートして仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーレシピです。

(C:クレオス、G:ガイアノーツ)

 

赤:(C)GXメタルレッド→(G)プレミアムレッド

 

黒:(G)ピュアブラック+(G)フロストマットブラック少々+(C)色の源シアン少々

 

フレーム等グレー:(C)ニュートラルグレー+(C)マホガニー+(C)ブラック

 

金色:(C)クリスタルカラー・トパーズゴールド+(C)色の源イエロー→(G)パールゴールド

 

プロペラントタンク等白:(G)EXホワイト→(C)クリスタルカラー・ムーンストーンパール

 

武器グレー:(C)ニュートラルグレー+(C)フィールドグレー2+(C)ブラック+(C)マホガニー少々

 

スラスター内側:(G)スターブライトシルバー+(C)色の源シアン

 

スラスター外側:(G)スターブライトアイアン+(C)スーパーアイアン

 

ビームライフル照準:(C)クリアグリーン

 

バズーカ白:(G)スチールホワイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり多くありませんが改造箇所も纏めておきます。

 

●胸部両サイドに0.4mmプラ板を貼って上半身を計0.8mm幅増し

 

●頭部バルカン砲を市販金属パーツに変更

 

●ビームライフルの照準をクリアパーツ化

 

●膝装甲の丸モールドを削り、市販ディテールアップパーツに置き換え

 

●各部肉抜き穴埋め、後ハメ加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に総評です。

RGシリーズの特徴でもある過剰なまでのディテールは抑えられ、

第一印象はMG版の小型化、HGUC版のアップグレード版という感じです。

プロポーションは良好、可動域も広く、全身ギミック満載で遊び甲斐のあるキットとなっています。

但し自分は全塗装してしまったので動かすのが怖くなってしまいました。

ガシガシ動かしていろんなポーズを取らせて遊びたい方は塗装せずに組むことをおすすめします。

グロスインジェクションで全身艶々、

金色の装飾部も金メッキ加工済みで塗装しなくても格好良いシナンジュが手に入ります。

 

 

 

 

一方で気になる点も挙げておきます。

 

●膝装甲、「袖」の部分等ポロリしやすいパーツが多いので可動に支障のない範囲で接着したほうが良い

 

●上半身と下半身を接続する軸が細くて短いのでなんか怖い (^_^;)

 

●デザイン上仕方ないが背負い物の関係で自立が難しい

 

●こちらもデザイン上の問題だがライフルやシールドが持たせにくい

 

 

 

 

 

 

とにかく非常に格好良いことは保証します。

「UC」好き、シナンジュが好きという方におすすめの傑作キットだと思います。

以上でした ( ‘-^ )-☆

 

次回作は複数の候補からまだ決められずにいます。

次回(模型関係記事)で発表します。

 

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーサイト
2017.05.20

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは (´∀`)

 

今回の記事はRGシナンジュの製作状況、

装飾部等の金色部分の製作、塗装を行います。

 

まずはメッキを落とします。

自分がメッキが嫌いな(メッキを落とす)理由は

 

①ゲート跡やパーティングラインが気になる

 

②(金メッキの場合)大量生産品故の塗装のムラが気になる

 

③指紋がベタベタつくのが嫌

 

こんな感じですが、プロやベテランモデラーでもメッキを活かす人は多いです。

結局のところ個人的な好みの問題ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1700

 

今回から新兵器を導入。

模型用のメッキ剥がし剤です。

金メッキの場合は銀メッキの上からクリアイエローで塗装してあるので、

従来ならまずシンナー風呂に漬けて表面の塗装を落とし、

その後台所用漂白剤に漬けてメッキを落とし、

再びシンナー風呂でメッキの下地材を落とす、という三段工程が必要になりますが、

これを使うと全ての工程がオールインワンで済みます。

但しメッキを落とすのに長い時間が必要です。

(取説によると最低でも3時間、最長で72時間。台所漂白剤なら数分で落ちます)

ここは器用貧乏といいますか、

台所漂白剤+シンナーとどちらを使うかは手間と作業時間のトレードオフになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1704

 

メッキ落としは百式の時にやりましたので詳細は省きますが、

例によって厄介なのがパーツ表面にヌメヌメとこびり付くメッキの下地材です。

前述のメッキ落とし材やシンナー風呂に入れただけではなかなか落ちません。

歯ブラシ等でこすり落とす必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1705

 

こんな感じでメッキ落とし完了、これから金色で塗装します。

腰や肩、脚等の黄色の部分も金色で塗装して金一色で統一します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1708

 

金色はクレオス「クリスタルカラー・トパーズゴールド」+「色の源イエロー」で塗装、

ちょっと物足りなさを感じたのでその上からガイアノーツ「パールゴールド」を重ねました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1707

 

シールドや踵、つま先等の黒い部分はガイアノーツ「ピュアブラック」をベースに、

ガイアノーツ「フロストマットブラック」とクレオス「色の源シアン」を各少量ずつ混ぜた「限りなく黒に近い青」で塗装、

デカールを貼って半光沢で仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1713

 

この時点でシールドが完成。

金色と黒が別パーツになったことにより面倒な塗り分けをする必要がなくなりました。

ホント良い時代になったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1711

 

プロペラントタンク等の白い部分はガイアノーツ「EXホワイト」で塗装、

その上からクレオス「クリスタルカラー・ムーンストーンパール」を吹きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

シナンジュ本体はほぼ完成、後は武器類を残すのみとなりました。

5月中完成を目指して o(・д´・+)ゞ頑張リマッス♪

 

 

 

次回更新記事は一応「ラス王子のドラクエ日記」を予定しています。

それではまた ´ω`)ノ


2017.04.25

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

こんばんは (^o^)/

今回の記事はRGシナンジュの進捗状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1672

 

前回塗装した赤色部分にデカールを貼っていきます。

キット付属のリアスティックデカールは使用せずに、

別売りのガンダムデカール「HGUCシナンジュ用」を使用します。

 

しかしこの商品、最初「あれ?」と思いましたが…

そうです、デカールにナンバーが振ってありません。

貼付け位置を指示する説明書も付いていません。

自分の好きなように貼ってくれということでしょうか。

「ガンプラは自由だ」とよく言いますが、いくらなんでもこれは自由過ぎます。

 

「うわこれどうしよう」と気が遠くなりましたが、

調べていくうちにデカールのデザイン、

貼付け位置共に「MGシナンジュver.ka」とほぼ同一ということがわかりました。

 

さらに検索していくと有志の方がMGの取説でデカールが貼れるように、

こちらのデカールにナンバーを付けている画像をブログで公開してくれていました。

これはなんとかいけるかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1674

 

押入れの奥で埃を被っていた「MGシナンジュver.ka」が役に立つ日が来ようとは。

保存した画像、MGの取説を参考にデカールを貼っていきます。

それでも非常に難しくで数箇所間違えてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1691

 

そして今回もデカール貼付け位置が約150箇所というデカール地獄 (;´д`)

デカール貼り作業だけで1週間かかりました。

デカール乾燥後に光沢クリアーを吹いて赤色部分の完成。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1690

 

シールド裏、踵の裏側をマスキングしてグレーで塗り分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1696

 

この時点で頭部が完成。

バルカン砲は市販金属パーツに置き換え、

モノアイは光の反射を狙ってオーロラデカールを貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1625425

 

肉抜き穴をエポパテで埋めていた箇所ですが、

 

 

 

 

 

CIMG1693

 

見事に肉痩せしています (;゚Д゚)

特に写真一番左の部分が明白ですね。

ダイエット大成功ですが模型的には失敗です。

面倒だったのでパテとか盛らずにそのまま削り込んでから塗り直しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1695

 

そしてここでいつもの病気が出てしまいます。

 

 

ついでにフレーム全部塗り直し o(・`∀´・)

 

 

ガイアノーツ・メカサフheavyで塗っていましたが、

何か気に食わなかったのでその上からニュートラルグレー70%、

マホガニー20%、ブラック10%で塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

当初の予定を大幅にオーバー、完成は5月中旬以降になりそうです。

まだまだやることは多いですがとにかく頑張ります p(*^-^*)q

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事は月1回連載の「ドラクエ漫画」を一応予定しています。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


Posted at 03:15 | RGシナンジュ | COM(8) | TB(0) |
2017.04.01

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

あい *゚▽゚)ノ

 

今回の記事はRGシナンジュの製作状況です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1663

 

フロントアーマー裏側の肉抜き穴はエポパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1661

 

豊満な下半身と比べて上半身のボリューム不足が気になったので、

胸部両サイドに0.4mmプラ板を貼って胸囲アップ。

ポリパテも併用して表面を整えました。

 

ブログの事とか何も考えずに透明プラ板を使ってしまったので、

写真では今ひとつわかりにくいかも知れません (^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1666

 

赤色部分はメタリック塗装にするのは最初から決めていました。

黒サフを吹いた上からクレオスのGXメタルレッドで塗装。

しかし改めて眺めてみると何か違います。

赤というよりメタリックのピンクですね。

シャアザクには似合いそうな色ですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1668

 

さらにその上からガイアノーツ・プレミアムレッドで塗装。

これでかなりイメージに近づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1667

 

写真上がGXメタルレッド、下がその上からプレミアムレッドを塗装した状態です。

 

この後墨入れやマーキングを施して赤部分の完成です。

シナンジュ全身の大半を占める部分なので、

これで一気に前進した気分です。 ヤッタ\( ‘ω’)/ヤッタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1653

 

前後しますがトラブル発生。

脛装甲パーツがパックリと割れてしまいました。

両サイドから軽く摘んだだけなんですけどねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1657

 

こんな時は慌てず騒がず、とりあえずプラモデル用接着剤でくっつけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1658

 

接着剤の乾燥を待ち、当木をした紙やすりで継ぎ目を処理します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1662

 

サフを吹いてみたら継ぎ目が消えていなかったのでラッカーパテで補完、

もう一度表面処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1670

 

塗装後の状態。

継ぎ目はキレイに消えましたが、

また割れてしまいそうで触るのが怖いです ((((;゚Д゚))))

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はここまで。

次回更新記事は月1回連載の「ラス王子のドラクエⅡ日記」を予定しています。

月1回なのに何か早いっすね~

 

それではまた ´ω`)ノ


Posted at 23:56 | RGシナンジュ | COM(6) | TB(0) |
2017.02.26

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけそれほど進んでいませんが、

他にやることもないので今回はシナンジュの製作記事をやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1626

 

1/144ガンプラの最高峰「RGシリーズ」の特徴の一つがこちら、

「アドバンスドMSジョイント」です。

可動フレームが一部最初から完成状態となっています。

とにかく早く完成させて遊びたいという方には製作プロセスの軽減という点で有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1625

 

1/144ガンプラ最高峰を謳っている割には肉抜き穴が多いです。

写真の箇所はパケ写でも完成後に目立つことを教えてくれています。

ディテールと解釈するのには少々無理があるのでエポパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1654

 

MGシリーズでは定番となっているシリンダーギミック。

踵側に配置されているので完成後にどれぐらい見えるのかはわかりませんが、

とりあえず芯の部分をシルバーで塗装、マスキングして塗り分けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1655

 

フレームパーツをまとめて塗装。

全身フレームが入っているのでかなりのパーツ数です。

塗料は今回もガイアノーツ「メカサフheavy」を使いました。

フレームの成形色はグレーとシルバーの2色構成ですが、好みでグレー1色に統一しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1656

 

現時点で組める範囲で組んでみました。

コクピットブロックは再現されていますが、

それに座乗するフル・フロンタルのフィギュアは付属しません。(立ち姿のフィギュアは付属)

動力パイプも軟質素材なのでパーティングラインの処理が面倒です。

自分は#800~#1000で地道に磨きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームの塗装はほぼ完了しましたが…

まだまだ全体の進捗状況は30%といったところでしょうか。

次回(模型関係)は全身の大半を占める赤い部分の塗装までいきたいと思います。

 

 

 

 

 

明日は職場の棚卸でガッツリ残業してきます。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ


Posted at 22:25 | RGシナンジュ | COM(2) | TB(0) |
まとめ