戦士のズル休み | FAGフレズヴェルク



フォローしてね!

2017.09.03

FAGフレズヴェルク製作中

 

 

 

 

 

 

結構久しぶりの模型関係記事になります。

記事にするほど進んでいなかったので…

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1792

 

表面処理作業の進捗は70%といったところです。

合わせ目が出るパーツだけでこんなにあります(´Д`;)

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1793

 

合わせ目を消したパーツをさらに挟み込んで合わせ目消しするパーツもこれだけあります。

ここまでくるとガンプラの旧キットを作っているような気分にさえなります(^_^;)

後ハメは不可能ではないかもしれませんが強度の関係からやらない方が無難かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1787

 

頭部に装着するヘッドギアのようなパーツ。

合わせ目が完成後も結構目立つので、

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1794

 

このようにパーツ構成を変更。

上に伸びる角のような部分だけでも合わせ目を処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1780

 

クリアパーツは当初何もしないつもりでしたがゲート跡やパーティングラインがどうしても気になり、

結局ヒケまで全部処理してしまいました。

当然パーツは傷だらけになるので#1000で磨いてからコンパウンドでさらに磨き込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1791

 

クリアパーツはガイアノーツ・蛍光ブルーグリーンで塗装、光沢でトップコートして仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒な作業は大体終わったので、やる気次第ですがここからは早いと思います。

それでも完成は10月中旬ぐらいになりそうかな?

年間目標達成も無理っぽいですがとにかく頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

次回更新記事はドラクエ漫画、マスコットキャラ人気投票の結果発表を予定しています。

それではまた( ´ ▽ ` )ノ


スポンサーサイト
2017.07.16

FAGフレズヴェルク製作開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RGシナンジュ完成からほぼ1ヶ月間、ほとんど模型には触っていませんでしたが、

モチベーションも溜まってきたのでそろそろ何か作ろうと思います。

で、今度は何にしようかと複数の候補から散々悩んだ結果、

こちらに決定しました。

 

 

 

 

CIMG1774

 

「FAG初挑戦」ということで一度やってみたかったシリーズです。

「FAG」とは「フレームアームズ・ガール」の略で、

ご覧の通り華奢な女の子がごッついメカを背負って戦うという模型・フィギュアメーカ、

コトブキヤのオリジナルコンテンツです。

巷では大人気でアニメ化もされました。

 

こういうジャンルは昔からなかったわけではありませんが、

コトブキヤが長年培ってきたノウハウにより、

素組み状態の完成度が非常に高いのがこのシリーズの特徴となっています。

そのまま組んでも良し、プラモデルなので改造や塗装に凝って個性を出すのも良いでしょう。

 

但し組み立て易さに重点が置かれているバンダイのガンプラと比較すると、

若干ではありますが製作難度が高いです。

その事を踏まえた上で早速始めましょう ⊂('ω'⊂ )))Σ≡ドゥーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1775

 

パーツ一覧。

思ったより多かったです (°д°)

クリア成型の展示台付属、顔は塗装済みと至れり尽くせりの内容となっています。

手首は弾力性があり武器等を保持させやすいPVC製です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1776

 

昨日始めたばかりなので進捗状況は1%にも満たない状態です。

 

こちらは素体胸部と腹部の接続部、

予めTwitter等で予習していましたが取説「B4」の破損報告が非常に多いです。

本キットに限らずコトブキヤ製プラモは可動部が固い上に十分な強度が確保されていない箇所が多々あります。

うっかりはめ込んだら固くて動かせなくなり、

焦って無理矢理外そうとしてねじ切れてしまいパーツ破損、というケースが多いです。

自分も過去に「ホイホイさん」で痛い目に遭っています。

 

ここに限らず可動部は慎重に、

ゆっくり少しずつはめ込んで途中で嫌な予感がしたら引き抜いてヤスリで軸を削り渋みを調整した方が良いです。

但し自分はここで神経質になってやり過ぎてしまい、可動部がスカスカになってしまいました (^_^;)

後からサフの筆塗りで固さを再調整しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017071601

 

今回はここまで。

FAGフレズヴェルクを描いてみました。

 

それではまたヾ(゚ω゚)ノ゛


まとめ