戦士のズル休み | 2012年06月09日
FC2ブログ



フォローしてね!

2012.06.09

過去の記事プレイバック① 「俺 VS リア充」

 

更新から1年以上経った記事の中から、

個人的に思い入れのあるものを再掲載しようという新企画です。

 

現在では1年前と比べると1日のアクセスも5倍ぐらいに増えましたし、

最近から訪問されるようになった方にも、

ブログ初期の記事も読んでいただきたい、

という思いがありました。

あとはまぁ…ご察しの通り、

ネタ切れをごまかそうというのが、一番大きいですね。

すいませんm(__)m

ブログ開設初期から訪問していただいている皆様も、

暫しお付き合いいただけたらと思います。

 

第1回目は2011年2月6日の記事

「俺 VS リア充」です。

記事をそのままコピペするだけでは芸がないので、

挿絵や後日談等も挿入していきたいと思います。

 

 

 

 

 

---------------------------------------------

今日もよく働いたな~

仕事から解放される至福のひと時だ。

マイカーでの通勤時間は平均6分。

途中コンビニで夕食と翌日の朝食と飲み物を購入。

 

さあ下宿の駐車場が見えてきた。

…?

すぐに異変に気付く。

あるはずのない物がそこにはあったのだ。

 

ria

 

俺の駐車場のタイヤ止めに座って語り合う高校生カップル。

え?そこは俺が毎月3000円払って車を停めてる場所なんですが…

しょうがない。彼らがいなくなるまでパチンコ屋で時間を潰すか。

 

…いや待て、その発想はおかしいでしょ。

何で俺がリア充に気を遣わないといけないのか。

ぶっちゃけ俺ってそんなにジェントルマンでもないし。

早々にお引き取り願おう。

バックで徐行しつつブレーキペダル連打。

決して「ア・イ・シ・テ・ル」のサインではない。

言うなれば「ド・イ・テ・ク・レ」のサインだ。

 

そしてようやく男子が気づいた。

こちらをジロッと見て立ち去る高校生カップル。

…勝った。リア充なんぞに負けてたまるものか。

しかしなんとなく負けたような気分になるのは何故だろう。

なにはともあれ、彼らの青春に幸あれ。

(この物語はノンフィクションです)

 

 

 

 

--------------------------------------------

この話に登場した高校生カップルですが、

女子の方はラケットを持っていたのでおそらくはテニス部、

男子は丸坊主で「○○高校野球部」と書かれたバッグを持っていました。

その後も何度か目にしたのですが、

今年に入ってからは見ていないですね。

もう卒業してしまったのでしょうか。

彼らは今でも付き合っているのでしょうか。


スポンサーサイト