戦士のズル休み | 2012年06月19日
FC2ブログ



フォローしてね!

2012.06.19

それでも走る男の話

 

1か月ほど前から、ジョギングをしています。

 

元をたどれば2か月前、

医者から「脂質異常症」と告げられ、

2か月間の猶予と体質改善を促されました。

食事制限と運動。

自分なりに努力したつもりでしたが、

なかなか体重は減らず、

1か月前からジョギングを始めました。

リアル多忙のため毎日は難しいのですが、

週3回程度は走るように心がけています。

 

 

走る時間は夜8時~8時半。

何故その時間なのかというと、

「涼しいから」というのと、

もう一つは「人に見られたくない」という理由からです。

高校生の時にマラソン大会に備えて特訓をしていたら、

小学生ぐらいの子供にバカにされたことがあり、

それ以来、走る時は人目を憚るようになりました。

 

 

会社でそういう話をしていたら、

同僚のNさんから

「夜は止めた方がいいよ、変質者だと思われるよ」

と言われました。

まぁ大丈夫でしょ、と思っていたのですが…

 

 

そんなある夜、いつものように走っていると、

前を歩いていた若い女性が自分の足音に気づくと歩みを止め、

恐る恐る振り向かれました。

その時の顔がもう、

20110731_2134355

↑こんな顔でした。

まぁ暗い夜道で後ろから誰かの走る足音が迫ってきたら、

怖いとは思いますけどね。

脅かしてすみません。

自分は怪しい者ではございません。

見えないゴールを目指して走り続ける孤独なランナーです。

 

 

さらに走っていると、

電柱に括り付けられた白い看板を発見。

「痴漢出没注意」

大丈夫、大丈夫。

俺はどこからどう見ても痴漢になんて見えないさ!

 

 

そして今日、遂に

ミニパトの婦警さんからガン見されました。

次から1時間早く走ろうかな。。

 

 

 

2か月間の努力の結果、体重は4キロ減、

お腹周りもだいぶスリムになり、

仕事用のズボンがずり落ちるようになりました。

明後日、2度目の検査に行ってきます。


スポンサーサイト