戦士のズル休み | 2014年03月18日
FC2ブログ



フォローしてね!

2014.03.18

落し物の話

 

 

 

 

数週間前の金曜の夜、

小腹がすいたので近所のコンビニに徒歩で出かけ、

帰る途中に自宅の近くで白い袋を拾いました。

 

 

IMG00305

 

袋には「2-○」というクラス名の表記のみ。

個人名は書いてありません。

中身は学校で給食当番が着る白い服でした。

おそらくは個人の所有物ではなく学級で管理している物で、

給食当番は洗濯してから学級に戻すルールなのだろうと思います。

 

 

 

 

 

 

だとすると、

これを下校中に落とした本人は今頃親御さんにめちゃくちゃ怒られているか、

ビビって親に言えないでいるかのどちらかでしょう。

このまま戻らかなったら弁償ですからねえ。

とりあえずもう夜だし、近所に交番はないし、

今日のところは自分が預かり、翌日どうにかすることにします。

 

 

 

 

 

 

 

翌日。

この日は休みをいただいていたので、

早速朝からこの袋を近くの小学校に届けようと思いましたが、

不審者と思われて門前払いされてしまうと、

せっかくの休日をブルーな気持ちで過ごすことになるので、

近所の託児所に押し付ける預けることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

この託児所は数年前にできたもので、

自分が借りている駐車場の側にあるために、

夕方になると子供を引き取りに来た親が自分の駐車場に勝手に車を停めていて、

何度かトラブルになったことがあり、苦情を申し入れたことがありました。

それ以降は何も問題はありませんが…

路駐したまま託児所でお喋りしてなかなか帰らない親、

カーステレオの騒音が物凄い親、

まー若い親御さんはいろんな人がいますね~(^_^;)

 

 

 

 

 

 

託児所には20人ぐらいの幼稚園から小学低学年ぐらいの子供がいて、

保母さんと思われる女性2人が世話をしていました。

 

らす 「すいません、これ、昨晩この辺りに落ちていたのですが、

   こちらの子供さんの持ち物かもしれないと思いまして」

 

黒髪の若い保母さんと、子供が10人ぐらい集まってきました。

 

子供 「何これ?落し物?」

 

たちまち子供たちにもみくちゃにされました(゚Д゚;)

低学年ぐらいの女の子が、自分の左腕に顔をグイグイ押し付けてきます。

お願いだから鼻水つけないで(゚Д゚;)

 

男の子 「あ!これ!」

 

らす 「これ、君のか?」

 

男の子 「…知らん」

 

うぜえ(゚Д゚;)

 

そして子供って、何でこんなに熱いの?

体温が半端ないんですけど(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

保母A 「こちらでお預かりしている子供さんの物ではないみたいです」

 

黒髪の若い保母さんと対照的な、茶髪の50代ぐらいの保母さんが来ました。

 

保母B 「たぶん○○小のだと思いますけどねえ」

 

らす 「すいませんけど、後、お願いしてよろしいですか?」

 

 

白い袋を保母さんに託し、くっついてきた子供の頭を撫でながら託児所を後にしました。

子供って、ウザいけど、でもやっぱり可愛いですね~

自分もこの歳になって、ちょっとだけ子供が欲しいなと思うようになりました。


スポンサーサイト