戦士のズル休み | 2014年06月



フォローしてね!

2014.06.28

進撃のガガンボ帝国

 

 

 

 

 

自分が子供の頃の話。

当時中学生だった兄がテレビを使って、あるゲームを編み出した。

と言ってもファミコンのようなテレビゲームではない。

 

 

そのゲームとは、

NHKの高校野球の放送が総合TVから教育TVに切り替わる瞬間、

タイミング良くチャンネルを変えるというものだ Σ(゚д゚lll)

 

当時の実家のテレビのチャンネルはダイヤル式で、

リモコンの押しボタンと違って切り替えのタイミングが難しい。

チャンネルのツマミに手をかけて真剣な顔で待機している兄の姿は、

今思えば滑稽なものだった。

 

「今だ!」

 

ガチャガチャ!

 

「よーし成功!」

 

しょうもないことで喜ぶ兄。

一瞬でも違う番組の映像が見えると悔しがっていた。

 

 

 

 

 

そこからさらに兄ワールドは拡大する。

上記のチャンネル切り替えゲームに失敗すると、

ガガンボ帝国に侵略されてしまう」という設定が追加された。

 

 

 

 

 

 

「ガガンボ帝国」とは何の事かというと、

 

img_0

 

映像の端に表示されるステレオ放送のマークのことだ。

確かにこちらの陣地にズンズンと侵攻してくるインベーダーゲームのように見えなくもない。

このマークが家の玄関等でよく見かける、蚊を大きくしたような昆虫「ガガンボ」に似ている…

かどうかわからないが、

チャンネルの切り替えに失敗すると、

 

「あーしまった、ガガンボ帝国め!」

 

と若干RPG的な要素も入り始める。

 

 

 

 

 

何もないところから遊びを編み出す兄は、

今思えば遊びの天才だったのかもしれない(^_^;)


スポンサーサイト
まとめ