戦士のズル休み | 2020年06月
FC2ブログ



フォローしてね!

2020.06.17

ラス王子の「ドラクエⅡ」日記㉝

 

 

 

 

 

 

【前回のあらすじ】

 

仲間を、そして死者をも冒涜するハーゴン。

挑発だと知りつつもラス王子は怒りの剣を振るうのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061501

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061502

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061503

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061505

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200615013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020061509

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200615014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20200615011

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020015012

 

 

 

 

 

 

【次回予告】

 

ハーゴンの策略にはまったラス王子は体力を無駄に消耗した上に剣を失ってしまった。

やむなくすけさんとプリンも参戦、戦いは総力戦へ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ドラクエ専門用語がいくつか出ているので補足しておきます。

 

「マヌーサ」は敵を幻で包み込み通常攻撃を空振り(ミス)させる魔法。

FC版「Ⅱ」では効果が微妙でしたが「Ⅲ」以降は効果を体感できるレベルにまで上昇、

こちらが使うと便利ですが敵に使われると厄介な魔法です。

 

今回ハーゴンが最後に使った「アストロン」は「ドラクエⅢ」以降に登場した魔法で術者と味方全員を鉄の塊に変化、

3ターンの間敵の攻撃を完全に無効化します。(「いてつくはどう」は防げない模様)

使い方はプレイヤー次第ですが個人的には強敵ミミック戦でお世話になりました。

(アストロンで無敵中に危険なザラキを使わせてMPを消耗させる作戦)

 

「雷光五月雨突き」は「ドラクエウォーク」で「雷神のやり」を強化すると使える技。

「ビッグバンソード」も「ドラクエウォーク」で「天空の剣」を強化すると使えるようになる技、

攻撃力が非常に高く自分もボス戦で多用しました。

 

「レイジングストーム」はドラクエとは関係のない技です(^_^;)

 

 

 

 

 

 

怒りに任せたデタラメな攻撃、と見せかけてラス王子は最初からハーゴンを壁際に追い詰める作戦でしたが、

策略家としてハーゴンはさらに一手上でした。

そしてラス王子は一転窮地へ…

これからどうなるのでしょうか。

またそのうち続きを描きますのでお楽しみに \( ˆoˆ )/


スポンサーサイト