戦士のズル休み | 父と映画の話



フォローしてね!

2011.10.19

父と映画の話

「タイタニック」は今調べてみたら1997年の映画ということなので、

今から14年ほど前の話になりますね。

 

現在は悠々自適の年金生活をしている父も、

まだ当時は働き盛りでした。

父は船(タンカー)乗りで、

世界中を回っているために一度乗船すると1~2年帰ってこないのはザラで、

湾岸戦争の時は石油を汲みに危険な某中東国へ赴き、

当時の総理大臣から感謝状をもらいました。

頭上を多国籍軍の飛行機やヘリがビュンビュン飛び交い、

メチャクチャ怖かったと言ってました。

 

 

話がそれちゃいましたが、

「タイタニック」がテレビのロードショーはおろかビデオレンタルでもまだ出ていない頃、

仕事先のシンガポールから帰ってきた父は、

現地の映画館で「タイタニック」を見たという話を始めました。

「タイタニックはまだ見ていない」という自分らを尻目に得意げな父。

「まず最初にな、『T2』ってバーン!と出るんだよ」

 

え???

もしかしてそれは

「ターミネーター2」

じゃないですか??

 

結局父が見たのは「タイタニック」ではなかったのですが、

それから数年後、ようやくテレビで「タイタニック」を見たとき父は

女優のオッパイの話しかしませんでした。

物話とかはどうでもよかったみたいです。

元々父は戦争映画が好きで、

ああいうのはちょっと退屈だったかもしれません。

 

数年前、父は中古で

「氷の微笑」

のビデオを買ってました。

父が何を見たかったのかバレバレで面白かったです。

日本人よりも外国(特に欧米)のオネエチャンが大好物みたいです。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/130-f1d15a9d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ