戦士のズル休み | 過去の記事プレイバック③ 「メダカを飼ってました」



フォローしてね!

2012.06.26

過去の記事プレイバック③ 「メダカを飼ってました」

 

 

今日もランニングしてきましたよ。

最初の頃は走り終わると動悸が何十分も収まらなかったのですが、

今はもう5分程度で呼吸も落ち着きます。

心肺機能も強化されてきました。

走った翌朝筋肉痛…ということもなくなり、

確実にパワーアップしてきています。

ランニングから帰ったら汗だくなのですぐに風呂に入り、夕食。

食欲が満たされると、仕事と運動の疲れがどっと出ますね。

何が言いたいのかというと、眠くなりました。

 

 

今日は過去の記事プレイバック③ということで、

2011年5月29日の記事「メダカを飼っています」です。

以前メダカを飼っていた話です。

一部加筆、画像も大型化しました。

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------

3年ほど前、実家の近所の人からメダカの稚魚をいただきました。

捨てるわけにもいかず、アパートに持ち帰り育てることにしました。

しかしノウハウもなかったため、数週間でほぼ全滅という結果に。

これで逆にやる気が出てしまい、

もう一度稚魚をもらって再チャレンジ。

メダカの飼育サイト等を参考に、

「とにかく成魚まで育てる」のを目標に飼育開始しました。

 

 

↑まだ生後1週間前後のメダカ。

体長5~8㎜ほど。

この時は丼に入れて飼育しています。

餌は市販のメダカの餌をスプーンですり潰して与えました。

水草を入れていれば、それをかじるので餌は要らないと言われましたが…

稚魚でも餌は与えた方が良いというのが持論です。

実際食べてますからねえ。

写真左上の稚魚のお腹が餌で真っ赤になっているのが解ると思います。

残った餌はマメにスポイト等で取り除きましょう。

そのままにしておくと、餌が腐って水質が悪くなります。

 

 

↑生後2~3か月。

これぐらいまで成長すればもう大丈夫。

水草を水槽に入れて、

日の当たる場所で飼育していれば光合成で酸素を出してくれるので、

エアポンプ等の設備は必要ありません。

 

 

↑新しい水槽も購入しました。

左はエアポンプ(前述の理由により途中から使わなくなった)、

右端の木のオブジェは慣れてきたら隠れ家に使ってくれました。

中央に座っているのはアッガイ君です。

 

 

↑当初の目標を達成、

みんな立派に成長してくれました。

ここで「次は繁殖させよう」という新しい目標ができました。

 

 

 

↑受精の瞬間の撮影にも成功。

雌のお腹は卵で一杯です。

 

 

↑そして2代目誕生。

3代目ぐらいまでは順調に続いたのですが、

去年ぐらいから雌の個体が悪かったのか卵は孵らず、

孵ってもすぐに死んでしまったり…

後継ぎが育たずにメダカの数は減る一方。

多いときは25匹ぐらいいたのが、

現在はたった1匹になってしまいました。

最後の1匹もいつ死んでもおかしくないほどの高齢です。

餌は良く食べるし元気に泳いでいますが…

とにかく最後まで面倒を見ようと思います。

 

 

 

 

---------------------------------------------

最後の1匹も寿命を全うし、

現在はメダカの飼育はしていません。

今度は熱帯魚でも飼ってみようかな~

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/257-2a53efc0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ここ一年位の「こち亀」で今はめだかの新種にかなりの値が付くみたいな話があったのを思い出しました(ノ゚ω゚)ノ
(ここで言う新種は変異種のことだったと思います。)
Posted by KAMIJO TATUYA at 2012.06.27 18:09 | 編集
こんにちは!!
メダカさん!!みんなたくましく成長されましたね~!!
受精の瞬間の写真、ナイスです!
きっと教科書会社に売れますね。


メダカって実は育てるの大変なのですよ。
小学校の授業でよく「メダカを育てよう」といったものがありますが、卵を産んでも稚魚と大人(…と表現していいのでしょうか?)を一緒に入れていると稚魚を大人が食べたり(肉親の可能性もあるのに…!!)、ちょっとしたことでばたばた死んだり…


ここまで立派に育てられたらす様に拍手!!
Posted by 緋奈蜜 at 2012.06.27 18:38 | 編集
>KAMIJO TATUYAさん

こんばんは(^^)

メダカって昔は池や沼ならどこにでもいたのですが、
現在は「絶滅危惧種」に指定されていますね。


「こち亀」って時々ものすごくマニアックな話がありますよね。
そういう時は大抵ついていけなくて読み飛ばしてしまいます。
Posted by らす at 2012.06.27 20:27 | 編集
>緋奈蜜さん

こんばんは(^^)/

メダカの稚魚は見つけたらすぐ隔離しないと親に食べられちゃいますね。
卵を見つけた時点で隔離するのが良いと思います。


メダカのプロポーズは、
雄が雌の下から近づいてきて、
雌の周りを素早くクルッと回ります。
この時雌が斜め上を向いて上昇すると「ごめんなさい」の合図。
フラれた雄は他の雄を追いかけたりして八つ当たりします。
見てると結構楽しいですが、
基本的に受精は深夜にしかしないので、
なかなか見れないですね。
Posted by らす at 2012.06.27 20:45 | 編集
はじめまして。
あひるといいます。

めだか、すごいですね。
大きくなるんですね。
今、メダカを飼っってるんですが、
せっかく孵化したのに死んでしまって・・・

分からなかったことが詳しく書いてあったので、
とても参考になりました。

ありがとうございました。

写真も本当にきれい。
なかなかあんな風に撮れなくて。

すごいです。


Posted by あひるさん at 2012.06.27 22:16 | 編集
>あひるさん

はじめまして(^^)
メダカは残念でしたね。。
自分も過去に苦い思いをしているのでよくわかります。

ちょっと長くなるかも知れませんが、
メダカの飼育で自分が知り得ることは全て書いておきます。
参考にしていただければ幸いです。


①飼育用の水は水道水を使う場合は、
ペットボトル等に一旦入れてから1日ぐらい置いて、
カルキを抜きましょう。
水道水に含まれる塩素がメダカの稚魚にとっては致命的な毒になります。

②飼育水は1~2週間に1回ぐらい、
一度に半分ぐらい替えます。
一度に全部替えてしまうと、
メダカが急激な環境の変化に対応できず死んでしまう場合があります。

③餌は一度に食べ切れるぐらいの量を与えます。
多く与えすぎると残った餌が腐って水質が悪化します。

④ペットショップ等でメダカ用の水質調整剤を買って飼育水に混ぜると、
簡単にメダカが過ごしやすい環境を作ることができます。
もし興味があったら「メダカ水一筋」で検索してみてください。
自分が使っていたのもこれです。
Posted by らす at 2012.06.27 23:09 | 編集
こんばんは

ありがとうございます。

本当は昨日のコメントの時に、
いろいろ教えてもらいたいなぁ・・・
って思ってたんですが、書けなくて。

もしよかったら、
また教えてもらえますか?






Posted by あひるさん at 2012.06.28 23:15 | 編集
>あひるさん

こんばんは(^^)
自分が解ることでしたら、協力しますよ~
Posted by らす at 2012.06.29 22:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ