戦士のズル休み | ハエ取り紙の話



フォローしてね!

2013.10.30

ハエ取り紙の話

 

 

 

 

1ヶ月ぐらい前の話。

 

うちの職場は毎年9月になると、蠅が異常発生する。

自分は特に神経質なので、

周りをブンブン飛ばれるだけでも気になるのに、

顔に止まったりされると更にイライラする。

耳の穴に入られたりするともう発狂してしまう。

そんな時は仕事を一時中断、

100均で買ってきたハエたたきを手に狩りの時間が始まるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなある日、上司のN課長がハエ取り紙を買ってきた。

 

imagesCANDIR9Z

 

検索して初めて知ったが、

正式には「ハエ取りリボン」と呼ぶらしい。

なるほど確かにリボンですな~

 

 

 

 

 

 

 

 

ハエ取り紙は蠅が最も多く出没する、キッチンがある会議室に計3本ぶら下げられた。

 

「これでもう大丈夫」と戦果を期待するN課長だったが…

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日。

ハエ取り紙に捕らえられたハエの姿はなく、ハエ取り紙は綺麗なままだった。

それでハエもいないのかというとそんなことはなく、

相変わらず事務所や会議室のあちこちを飛び回っている。

 

「全然ダメじゃないっすか」

 

「おかしいなあ」

 

首をかしげるN課長。

ハエたちには罠だということがバレているのだろうか。

ハエ取り紙は見た目もあまり良くないし、

どうせ効果がないのなら外しちゃえば、という声も聞かれ始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

その日だったかその1日後だったか、自分は偶然目撃してしまった。

 

N課長がハエたたきで殺したハエの死骸を、

 

天井からぶら下げられたハエ取り紙に貼り付けていたのだ。

 

 

自分は気づかないフリをしてわざと言った。

 

「お~すごい、ハエくっついてるじゃないっすか」

 

N課長は得意げに、渾身のドヤ顔を見せてくれた。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/480-7b7f0405
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
涅槃で待つ
Posted by 兄 at 2013.11.02 06:33 | 編集
昭和の香り漂ういい人情噺をどうもありがとうございます(^_^)
Posted by ポール・ブリッツ at 2013.11.03 08:13 | 編集
>兄

沖雅也だっけ?
「太陽にほえろ」での殉職シーンがかすかに記憶に残っています。
Posted by らす at 2013.11.03 21:24 | 編集
>ポール・ブリッツさん

こんばんは(*´ω`*)

11月に入ってハエもほとんど見なくなりましたが、
会社のハエ取り紙はまだそのまま残っています。
結構な数のハエがくっついていますが…
自分でくっついたのかどうかは不明です(^_^;)
Posted by らす at 2013.11.03 21:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ