戦士のズル休み | 俺の年末年始(後編)



フォローしてね!

2014.01.22

俺の年末年始(後編)

 

 

 

 

 

2014年1月1日。

朝から父と母とミー、3人+1匹で新年の挨拶。

お酒が苦手な自分はおとそで酔って昼まで睡眠、

午後から実家周辺をのんびりと散歩しました。

 

 

 

 

IMG00272

 

今年の正月はいい天気でした。

見わたす限り緑、そして山々ですが、反対方向を向くと海が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG00264

 

そんなわけで歩いて海まで来てみました。

幼い頃から慣れ親しんだ潮の香りが心地よいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG00271

 

実家の前を流れる川から海へと繋がる河口付近です。

子供の頃、

台風の翌日にこの辺りに魚礁として沈められていたイカ釣り漁船が打ち上げられ、

「すっげえ!沈没船だ!」と喜んでいたのを思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG00267

 

波打ち際まで来ました。

彼方に見えるのは熊本、天草です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG00270

 

時刻は午後3時ぐらいだったと思います。

冬の海も風情があって良いですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG00265

 

満潮時には階段の色が変わっているところまで水面が上昇します。

 

ここに来るまでもう完全に忘れていましたが、

高校の卒業式の数日前、

下校中にこの辺りで偶然幼馴染のKと会って、

この階段に座って2人でしばらく話をしました。

この時Kは就職で本州へ、自分は進学で福岡に行くことが決まっていました。

 

 

Kとは小中高と同じ学校でしたが、

Kは高校に入った頃から夜になると度々、

「勉強を教えて」と自分の家に来るようになりました。

Kは運動部で顔や脚は日焼けで真っ黒、

いかにも田舎の女子高生という感じの子でした。

自分ももしかしたら好かれてるのかな、と感じてはいましたが、

特に付き合ったりとかはありませんでした。

 

 

写真の階段でKと話をしているうちに段々と…

自分も当時18歳、まぁ色々と多感な年頃で何かこみ上げてくるものがありまして…

Kの肩に手を回し、抱き寄せようとしたのです。

しかしそれに気づいたのかKは急に立ち上がり、

「あははっ、またね」と言うと自転車に乗って走り去ってしまいました。

Kとはその後成人式の時に顔を合わせましたが、それ以降は全く会っていません。

今頃はきっといいお母さんになっていることでしょう。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/505-115d5567
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんは(^-^)

最後のエピソード…
私も最近、10代の頃の似たような話を思い出しました。
今となっては苦笑いするようなことですが、
なぜか忘れられなかったりもします(^^;

そこで何か違っていたら、違う今があったのかな?
と思うと、それもまた不思議な感じがします(^^;

若さゆえ…ですね(^-^)
Posted by ウィンド at 2014.01.22 23:58 | 編集
やったもん勝ちという
言葉を思い出してしまいました。

歳をとりすぎてしまったようです。
Posted by 米蔵 at 2014.01.23 11:45 | 編集
甘酸っぱい思いでですね。

もうちょっと押しが強ければ
もしかして・・・。

でもKも気があったかもしれませんね。。。
Posted by ぽち at 2014.01.23 21:41 | 編集
>ウィンドさん

こんばんは(´∀`)

そうですね~
「あの時こうしておけば」ということ、ありますよね~
後になって後悔したり…
それが青春なんでしょうね~

今となっては良いことも悪いことも引っ括めて、
全部懐かしい思い出ですね。
Posted by らす at 2014.01.24 02:19 | 編集
>米蔵さん

こんばんは(^-^)

すいませんm(_ _)m
「やったもん勝ち」の意味がよくわかりませんでした。
Posted by らす at 2014.01.24 02:29 | 編集
>ぽちさん

こんばんは(´▽`)

中途半端に終わってしまった一番の理由は、
当時自分には他に好きな子がいたんですね~
そうでなければもっとガンガン押していたと思います(^_^;)
Posted by らす at 2014.01.24 02:49 | 編集
なんか、青春小説みたいですね。

女の子としては、安心できる幼なじみ、だからこそ
一歩踏み出したいような、恐いような。

らすさんが他に好きな子がいること、
気づいてたりしてね。


Posted by takako.t.maru at 2014.01.24 04:22 | 編集
こんばんは~
随所に映るらすさんの影が、過去に思い更ける姿を想像させました。
幼なじみのkさん元気ですかね?
僕はたまに、10代に戻れたらな~なんて思うこともあります・・・。
らすさんはどうですか?
Posted by セージ at 2014.01.24 23:44 | 編集
それ以降現在に至るまでの、それに類したご体験は?

φ(。。 )メモメモ
Posted by ポール・ブリッツ at 2014.01.25 20:18 | 編集
>takako.t.maruさん

こんばんは(´∀`)

仰る通り、今思えばそんな感じだったように感じます。
付かず離れずと言いますか…
こっちがマジになるとちょっと引いちゃうみたいな。。

Posted by らす at 2014.01.25 23:56 | 編集
>セージさん

こんばんは(´∀`)

10代…戻りたいような、戻りたくないような。。
単純に若さを取り戻したいという理由なら戻りたいですね~


余談ですがKには歳の近いお兄さんがいて、
全く別のところでお知り合いになったのですが、
このお兄さんがまたおしゃべりで話し出すと止まらない人で、
何十分も人生論を語られてうんざりした思い出があります(^_^;)
Posted by らす at 2014.01.26 00:18 | 編集
>ポール・ブリッツさん

こんばんは(´∀`)

あったような、なかったような。。
また機会があればお話したいと思います(*´ω`*)
何げに最後のエピソードが大反響でしたね~
Posted by らす at 2014.01.26 00:54 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ