戦士のズル休み | 俺が好きなゲーム、ベスト20!⑩



フォローしてね!

2014.03.14

俺が好きなゲーム、ベスト20!⑩

 

 

 

いよいよ2位と1位の発表です。

長らくお付き合いありがとうございました(*´ω`*)

 

 

 

 

 

【2位】

 

ストリートファイターⅡ

 

 

suto201

(画像は全てスーファミ版「スーパーストⅡ」です)

 

実家の近所のボーリング場に「ストⅡ」の筐体が登場した時、

「ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ!」と思いましたね。

これまでにないようなキャラのリアルな動き、必殺技とか叫ぶし、

(「波動拳!」は発音が独特で、最初何と言ってるのかわからなかった)

春麗は勝つとケラケラ笑うし、ダルシムの腕はビョーンと伸びるし、

これはやりたい!上手くなりたい!と素直に感じました。

スーファミで「ストⅡ」が出たときは予約して即ゲットしましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

suto202

 

シリーズ通してのケン使いですが、

最初は昇竜拳が全然出なくて苦労しました。

ひたすら練習しているうちに、左手の親指が痛くなって…

最後には指にタコができました(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

suto203

 

昇竜拳!

自在に出せるようになった時の感動は今でも忘れられません。

 

「スマステーション」だったと思いますが、

ゲストのSMAPの草彅剛が「俺はストⅡは上手い」と豪語していました。

その後香取慎吾と対戦しているのを見ましたが、

「ハメ技」使って勝ってましたね~(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1位】

 

ドラゴンクエストⅡ 

 

(ファミコン 1987年)

 

dq2001

 

「ドラクエⅢ」とどちらにしようかと、記事作成ギリギリまで悩みましたが…

このゲームに関しては過去にも熱く語っているので、

興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

dq2002

 

「ドラクエⅠ」は自分は出遅れて始め、

友人のプレイを見たり、攻略本も出ていたので普通にクリアできましたが、

「Ⅱ」は情報規制が厳しく(突っ込んだ攻略を載せていたゲーム誌が訴えられた)、

発売日にゲットできた自分はほとんどヒントのない状態で最初から最後までプレイしました。

逆にそれが良かったですね。

新しい町、ダンジョン、モンスター、

これからどんな冒険が待っているんだろうというワクワク感。

当時自分がまだ純真な子供だったこともありますが、

これから先どれだけゲームが進化しようとも、

あんなにドキドキしながらゲームをすることはないでしょうねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dq2003

 

フィールドのBGMを聴くと懐かしさで泣きそうになります( ;∀;)

エンディングはアッサリしてましたが、

達成感と寂しさで涙が出ましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

dq20004

 

「ドラクエⅠ、Ⅱ」はスーファミにも移植されています。

ファミコン版では少々ハードだったゲームバランスも、

改善されて遊びやすくなっていますね。

冒頭ではファミコン版では無かったムーンブルク壊滅の経緯が描かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

dq20005

 

ムーンブルクは大神官ハーゴンの本拠地、

ロンダルキアから一番近いところにあります。

手始めにここを狙ったんでしょうねえ。

 

 

 

 

 

 

 

dq2006

 

たちまち戦場と化すムーンブルク城。

ムーンブルク王も勇者ロトの血筋。

ハーゴンの軍勢相手に一人で善戦します。

 

 

 

 

 

 

 

dq2007

 

しかし多勢に無勢、善戦虚しく。。

 

王 「ぎょえーーっっ!!」

 

いや、そこは笑いを取るところじゃないでしょ(゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

dq2008

 

後はファミコン版と同じですね。

ローレシア王子「らす」、旅立ちの時です。

 

 

 

 

 

 

 

dq2009

 

ローレシア王からの餞別。

なにせ王子ですから、宝箱には強力な装備が入っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

dq20010

 

しょぼ(・ω・`)

 

王子の背後から覗き込む、ローレシア王のドヤ顔が目に浮かんできます。

 

わー懐かしい~みたいな感じで、このまま継続してプレイ中です。

後でプレイ日記やるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…というわけで、ようやくベスト20終わりました(o´Д`)=з

しかしぶっちゃけ、自分のゲーム人生を20本程度では語れるものではありません。

今後定期的に、今度は21位から50位、100位ぐらいまでやる予定です。

それではまた(^o^)/

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/524-a0979389
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
>ドラゴンクエスト2

MSX原理主義者だったので、友達の家で彼がプレイするのを、後ろから声援を送ったりちゃちゃをいれたりして楽しんでました。原理主義者としてライバル機のファミコンは触りたくなかったんです。若かったなあ(^^;)

そのとき、宿屋で二人目の仲間が待っていたときの「きたぞ感」はほかにないものがありました。自分が、これまでとは違ったゲームを目にしているのだ、という実感がありましたねえ。

今はMSX移植版が、某所で入手したMSXエミュレータのソフトのひとつとしてメモリに入ってます。ときおり、やってみようかな、と思うことがあります。いちおうMSXのソフトだし!(笑)
Posted by ポール・ブリッツ at 2014.03.15 22:48 | 編集
やっぱりドラクエが1位でした~~。^^。

私はドラクエしたことがないのですが、夫の母が。。。笑

ドラクエの最初のものからやっているという強者です。夫によると徹夜でやっていたこともあるそうで。。。DSになってからは、画面が小さいということであきらめたようです。

どれだけ所持金があっても必ずルーラでとんで、無料の宿で泊まるのだそうです。主婦らしいプレイの仕方です。(*^^*)

21位からも楽しみです。^^。
Posted by himari at 2014.03.16 09:00 | 編集
遂に出ましたね、スト2とドラクエ!
どちらも大好きでした。
自分はスト2はチュンリー使いでしたよ。w
八王子ではちょっとしたもんでした。(自称w)

ドラクエはファミコン時代はよく「ふっかつのじゅもん」に悩まされました~。
なぜかメモミスするんですよね~・・・(^^;)

21位以降も楽しみにしております!
(^^)/
Posted by yukiyuki at 2014.03.16 20:09 | 編集
こんばんは~
スト2とドラクエ2 は僕も好きでした♪
スト2は格闘ゲーム人気の火付け役でしたし、ドラクエ2は僕もクリアしましたよ♪
後に、ゆうていみやおうきむこうペペペペ・・・。
なる、反則的な復活の呪文が出ましたけど、僕は自力でやりました!
だってあれ名前が決まってるし・・・。
この二本は凄い懐かしい名作ですね♪
Posted by セージ at 2014.03.16 20:25 | 編集
>ポール・ブリッツさん

こんばんは(*´ω`*)

MSXは友達が持っていましたので、
MSX版「ドラクエ」ⅠとⅡは自分も傍から見ていました。
グラフィックはファミコンの方が綺麗でしたが、
MSX版は「あぶないみずぎ」に専用のCGが用意されていたり…
妙なところで力が入っていましたね(^_^;)

ポール・ブリッツさんのコメントで「エミュレータ」という言葉が出ましたが、
こちらで使用している画像は「艦これ」「UO」以外は全部エミュレータです(・・;)
Posted by らす at 2014.03.16 22:32 | 編集
>himariさん

こんばんは(*´ω`*)

旦那さんのお母さん、なかなかの強者ですね~
うちの母もPS2とパチンコのシミュレーターを買ってあげたら、
毎日遊んでいるようです。

自分も「ドラクエ」に限らずRPGでは、
多少金持ちになっても安い宿屋を選んで宿泊してました。
根がケチなもので…(^_^;)
Posted by らす at 2014.03.16 22:40 | 編集
>yukiyukiさん

こんばんは(*´ω`*)

1位2位はド定番でしたね(^_^;)
春麗は動きが素早くて扱いやすいキャラですが、
ジャンプの滞空時間が長いために昇竜拳等の対空技で迎撃されやすく、
素早く動き回りながら性能の良い中足払いでチクチク攻めるのが基本戦術になってきますね。
「ターボ」以降は念願の飛び道具が使えるようになりますが…

「ドラクエ」の復活の呪文は写し間違いが怖かったですね~
「Ⅲ」以降はバッテリーバックアップ方式になりますが、
これはこれでデータ消滅という恐怖が…((((;゚Д゚))))
Posted by らす at 2014.03.16 22:53 | 編集
>セージさん

こんばんは(*´ω`*)

「ゆうていみやおう~」の復活の呪文は「Ⅰ」であったのは知っていましたが、
「Ⅱ」でもあったんですね~
ちなみに「ゆうてい」の正体は「ドラクエ」の生みの親、堀井雄二氏です。

「ストⅡ」は「2」というぐらいですから勿論「Ⅰ」もあったわけですが、
格ゲーブームの火付け役となったのは間違いなく「ストⅡ」ですね。
Posted by らす at 2014.03.16 23:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ