戦士のズル休み | 俺が!俺たちが!ホイホイだ!!



フォローしてね!

2011.05.08

俺が!俺たちが!ホイホイだ!!

1号の肩の応急処置も済んだところで、

ホイホイさん完成記念特集(前編)いきま~す

CIMG2470

ホイホイさん1号(商品名は「ホイホイさん」)

付属するアイテムはハンドガン、十六夜(刀)、モップ。

破損した肩口のBJは真鍮線で胴体と接続して一応修復完了。

但し肩関節は緩くなり重いアイテムの保持は難しそうです。

 

CIMG2472

サイドビュー。

写真では判りづらいですが、

目はクリアーを厚めに吹いてテカテカの光沢仕上げ、

ウサギの耳のような通信ユニット(?)は半光沢、

それ以外は全て艶消し仕上げです。

 

CIMG2473

リアビュー。後ろ髪が重く後ろに伸びていて、

さらにウサ耳ユニットも含め上半身後方に重心が集中しているので、

とにかく後ろに倒れやすいです。

スリッパの中に重りを入れておくと安定するかもしれません。

 

 

CIMG2476

ホイホイさん2号。(商品名は「ホイホイさん重戦闘ver」)

通常版との違いは服装等の成形色、

アイテム類(重機関銃、トンカチ、一升瓶が付属)、

髪がロングと三つ編みから選択式、

笑顔、嫌顔の表情パーツが付属している点。

 

CIMG2479

サイドビュー。

非常に目立っているので敢えて書きますが、

肩パーツのみ合わせ目消しを断念しました。

理由はマスキングが困難で後ハメ加工も考えたのですが、

関節強度の低下が懸念されていたので…

塗ってしまえば気にならないと思っていましたが、いやはや。。

 

CIMG2481

リアビュー。おさげ髪はロングヘアほど重くないので、

こちらは後ろに倒れることはあまりありません。

 

CIMG2484

「ホイホイさん専用クレイドル」

ホイホイさんの充電器。こちらは別売りです。

充電するときは靴を脱ぐので、

差し替え用の裸足パーツが付いています。

クレイドル本体はゲート跡とパーティングラインを処理、

ガイアノーツ「サーフェイサーエヴォブラック」をサッと吹いただけの簡単フィニッシュです。

 

今回少々写真が暗くなってしまいました。

次回は気を付けたいと思います。

後編は付属アイテムや他のプラモから武器とか色々と流用して、

大人げなく遊んでみようと思います。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/55-d700a8cf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ