戦士のズル休み | 進撃のガガンボ帝国



フォローしてね!

2014.06.28

進撃のガガンボ帝国

 

 

 

 

 

自分が子供の頃の話。

当時中学生だった兄がテレビを使って、あるゲームを編み出した。

と言ってもファミコンのようなテレビゲームではない。

 

 

そのゲームとは、

NHKの高校野球の放送が総合TVから教育TVに切り替わる瞬間、

タイミング良くチャンネルを変えるというものだ Σ(゚д゚lll)

 

当時の実家のテレビのチャンネルはダイヤル式で、

リモコンの押しボタンと違って切り替えのタイミングが難しい。

チャンネルのツマミに手をかけて真剣な顔で待機している兄の姿は、

今思えば滑稽なものだった。

 

「今だ!」

 

ガチャガチャ!

 

「よーし成功!」

 

しょうもないことで喜ぶ兄。

一瞬でも違う番組の映像が見えると悔しがっていた。

 

 

 

 

 

そこからさらに兄ワールドは拡大する。

上記のチャンネル切り替えゲームに失敗すると、

ガガンボ帝国に侵略されてしまう」という設定が追加された。

 

 

 

 

 

 

「ガガンボ帝国」とは何の事かというと、

 

img_0

 

映像の端に表示されるステレオ放送のマークのことだ。

確かにこちらの陣地にズンズンと侵攻してくるインベーダーゲームのように見えなくもない。

このマークが家の玄関等でよく見かける、蚊を大きくしたような昆虫「ガガンボ」に似ている…

かどうかわからないが、

チャンネルの切り替えに失敗すると、

 

「あーしまった、ガガンボ帝国め!」

 

と若干RPG的な要素も入り始める。

 

 

 

 

 

何もないところから遊びを編み出す兄は、

今思えば遊びの天才だったのかもしれない(^_^;)

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/558-ee6a8ed1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
お、お兄さまは昔から、かなり上っ調子な方だったのですね・・。
納得。
Posted by takako.t.maru at 2014.06.29 07:17 | 編集
>takako.t.maruさん

こんばんは(´∀`*)

そうですね~
兄の生態に関しては自分も把握できていない部分も多いですが、
映画、音楽、スポーツ、文学、漫画、お笑い、アイドル等、
非常に幅広い趣味と知識を持っています。
Posted by らす at 2014.06.29 19:24 | 編集
これからも兄にはよく会うのでネタをごちそうさま。おかわり希望です。
Posted by あき at 2014.06.29 20:00 | 編集
わたしは電卓でゲームしてました。

「1+1=」と打った後、「=」キーを叩きまくるんです。

時間を決め、数字が大きかったほうが勝ち。

別に「ハイパーオリンピック」を買う金がなかった、というわけではないでありますが(^_^;)
Posted by ポール・ブリッツ at 2014.06.30 16:40 | 編集
金をかけずにスリルを味わう「呪われる部屋からの脱出」ゲームをらすと従姉妹らでよくやってたばい(これはマジで怖い)
らすが4〜5歳の頃は伝説の剣豪・塚原卜伝の「隙あり!」ゲームで1日中らすと遊んでやった
あとは1回限定の「知らない」と言ったら負けゲームとかも面白い遊びでR
Posted by 兄 at 2014.06.30 21:54 | 編集
>あきさん

こんばんは(^-^)

兄関連のネタはまだまだたくさんあります。
これからも少しずつ紹介していきますので、
どうぞご期待下さい('-'*)
Posted by らす at 2014.07.01 00:38 | 編集
>ポール・ブリッツさん

こんばんは(^-^)

電卓は自分もやってました。
自分の場合は逆で、「99999999-1=」で「=」を連打して、
0まで到達できたらクリアですが、
もちろん無理でした。

ハイパーオリンピックの専用コントローラーは、
友達の家でみんなで遊んでいて、
激しく叩きすぎて壊れてしまいました( ̄▽ ̄;)
Posted by らす at 2014.07.01 00:57 | 編集
>兄

脱出ゲームはちょっと思い出せないっす。
昔は親戚とよく遊んでましたね~
父も母も7人兄弟で、
とにかく従兄弟の人数が多くて賑やかでした。

夕食中に「10回クイズ」をやっていて、
兄がツボにはまったのは覚えています。
Posted by らす at 2014.07.01 01:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ