戦士のズル休み | MG∞ジャスティス続報



フォローしてね!

2011.05.25

MG∞ジャスティス続報

ゲート跡の処理とかボチボチやっております。

今回は合わせ目の処理が必要な箇所をピックアップしてみました。

 

CIMG2543

肩口(上)と肩アーマーから伸びる白い突起(下)。

∞ジャスティス本体で合わせ目が出るのはたったこれだけです。

さすがMGと言うしかない見事なパーツ分割です。

しかも肩口はカバーが付く(右上)上に肩アーマーに隠れてほとんど目立ちません。

白い突起も合わせ目は下に出るのでそれほど目立ちません。

この2か所に関してはぶっちゃけ無理して合わせ目を消す必要もなさそうです。

まぁ一応やりますけどね~

 

CIMG2541

ファトゥム01の翼。

ここはまぁ仕方ないでしょう。

しかしここも巧みなパーツ構成で合わせ目が出るのはごく一部。

こんなに楽チンでいいのだろうか。

 

CIMG2540

…と思ってたら難関キター

ファトゥム01のプラットホーム的部分(上)、

ここはギミックが集中しているので後ハメはほぼ不可能、

マスキングも無理っぽいですねえ。

ここはまだどう処理するか全く考えていません。

グラップルスティンガーの基部(下)、

ここも鋏状のパーツを挟み込む構成。

ここはどうしよ。後ハメかなー

 

CIMG2542

武器関係。

ビームライフル(上)はモナカ構造ですがジャケットを被せるので、

上半分の合わせ目はほとんど隠れます。

下方と後端は合わせ目の処理が必要です。

シャイニングエッジ(中)、

上半分にピーッと合わせ目が出ますが、ここもやむを得ないでしょう。

グレーのビーム刃発生機を挟み込む構成ですが、そこは後ハメ加工します。

シールド(下)

ここは周囲3/4にわたりグルリと合わせ目が出ます。

ここは設計段階で一工夫欲しかったところ。

真ん中のグレーのパーツは挟み込み。

ここは後ハメにしようとするとスッポ抜けてしまうので、

おとなしく挟み込んで塗装はマスキングで対応します。

 

次回は一体化している指パーツの分割加工から、

フレームの塗装まで一気に…いけるかな?

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/62-012f1d4a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ