戦士のズル休み | MGメガバズーカランチャー製作中



フォローしてね!

2016.04.22

MGメガバズーカランチャー製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらく製作がストップしていましたが…

いつまでも地震に負けていられないのでボチボチ再開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1292

 

足掛け側面、

丸凸モールドの周りにパーティングラインが縦横無尽に走り回っています。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1294

 

ここはもう思い切って丸凸モールドごと全部削り落とします。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1304

 

そして丸凸モールドがあった所に市販丸型ディテールアップパーツを貼ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1301

 

さらに足掛け正面、押し出しピン跡が目立ちますが、

ご覧の通り奥まっているのでパテで埋めて云々というのは難しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1305

 

そこで該当箇所を市販ディテールアップパーツやプラ板で隠します。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1302

 

このパーツも同様に面倒な場所に押し出しピン跡があるので、

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1303

 

こちらも市販ディテールアップパーツで隠しました。

少々ダサいですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1315

 

いよいよ塗装開始。

発射口はスターブライトアイアン+スターブライトジュラルミンで塗装。

濃淡2種用意してディテールに沿って適当に塗り分けました。

赤い部分はスターブライトシルバーの上からプレミアムレッドで塗装、

動力パイプはスターブライトゴールド+スターブライトブラスで塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1313

 

本体の青はガンダムカラー・ブルー11で塗装。

青系塗料は隠蔽力が低い物が多いので、予め近い色で下地塗装しておくと良いと思います。

自分は隠蔽力の高いクレオスのキャラクターブルーで下地塗装しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1314

 

そして細部を塗り分けるためにマスキング。

くどいようですが言わせてください。

 

 

マゾい!!(;゚Д゚)

 

 

これだけやるのに3時間ぐらいかかりました。

だったらやらなきゃいいだろうと自分でも思いますが、

メガバズーカランチャーは比較的シンプルなデザイン、

しかもこの大きさなので全体的にアッサリした印象を受けます。

そこで細部を塗り分けたりディテールアップパーツを貼ったり、

スミ入れや付属のデカールを貼ったりして全体の情報量を増やしてあげると見栄えが良くなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1316

 

うちの百式君。

16日未明の地震で転倒、

また地震があるかも知れないのでそのままの状態で放置されています。

そろそろ出番ですよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回更新は「トラックバックテーマ」の予定です。

それではまた*^ω^)ノ"

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/742-ee0591d2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やっぱりかっこいいですな。
作りたくなります。
(>ω<)
Posted by Yukiyuki at 2016.04.23 01:51 | 編集
おはようございます~
モデラーさんの細かい作業には毎度頭が下がります(汗)
部分塗りのためにマスキングする作業なんかヤバそうですね(汗)
出来上がりまでの道が険しいだけに、完成の喜びも倍増でしょうか♪
ただ、地震による転倒破損だけはお気をつけください。
Posted by セージ at 2016.04.23 06:51 | 編集
>yukiyukiさん

こんばんは(^-^)

MG百式2.0は発売は去年の夏ぐらいですが、
まだまだ最新MGの部類ですからねえ。
旧MGと写真を並べてみるとプロポーションの進化が見て取れると思います。
Posted by らす at 2016.04.24 19:33 | 編集
>セージさん

こんばんは(^▽^)/

余震はほとんど感じなくなりましたが、
気象庁が注意喚起している間は気が抜けませんね。

ジャンルを問わず模型は地味な作業の積み重ねです。
それを乗り越えて得られる満足感があります。
もちろん難しいとこは考えずに気軽に組み立てるのも有りだと思います。
Posted by らす at 2016.04.24 19:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ