戦士のズル休み | RGシナンジュ製作中



フォローしてね!

2017.02.26

RGシナンジュ製作中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっちゃけそれほど進んでいませんが、

他にやることもないので今回はシナンジュの製作記事をやります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1626

 

1/144ガンプラの最高峰「RGシリーズ」の特徴の一つがこちら、

「アドバンスドMSジョイント」です。

可動フレームが一部最初から完成状態となっています。

とにかく早く完成させて遊びたいという方には製作プロセスの軽減という点で有効だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1625

 

1/144ガンプラ最高峰を謳っている割には肉抜き穴が多いです。

写真の箇所はパケ写でも完成後に目立つことを教えてくれています。

ディテールと解釈するのには少々無理があるのでエポパテで埋めて処理しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1654

 

MGシリーズでは定番となっているシリンダーギミック。

踵側に配置されているので完成後にどれぐらい見えるのかはわかりませんが、

とりあえず芯の部分をシルバーで塗装、マスキングして塗り分けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1655

 

フレームパーツをまとめて塗装。

全身フレームが入っているのでかなりのパーツ数です。

塗料は今回もガイアノーツ「メカサフheavy」を使いました。

フレームの成形色はグレーとシルバーの2色構成ですが、好みでグレー1色に統一しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1656

 

現時点で組める範囲で組んでみました。

コクピットブロックは再現されていますが、

それに座乗するフル・フロンタルのフィギュアは付属しません。(立ち姿のフィギュアは付属)

動力パイプも軟質素材なのでパーティングラインの処理が面倒です。

自分は#800~#1000で地道に磨きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームの塗装はほぼ完了しましたが…

まだまだ全体の進捗状況は30%といったところでしょうか。

次回(模型関係)は全身の大半を占める赤い部分の塗装までいきたいと思います。

 

 

 

 

 

明日は職場の棚卸でガッツリ残業してきます。

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/817-cfb64cbb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
やはり最近ってプラモデルは精巧にできていますね。
私じゃ無理そうですね。。。

昔はもっと単純なような気がしますが。
どうなんでしょうかね。

何にしても。
プラモデルは子どもの夢がつまっています。
楽しみに見てます。
(⌒‐⌒)
Posted by LandM at 2017.03.03 21:11 | 編集
> LandMさん

こんばんは(*'ω')

30年前のプラモデルと比べると、
同じスケールで価格は3倍ぐらいになっています。
それだけパーツ数が増えているということになります。
確かに組み立て自体は複雑になりましたが、
それだけにパーツでの色分けは完璧に近いので、
塗装せずに完成させた時の見栄えは現在のプラモデルの方が格段に良いですね。
なので初心者の方にも昔のよりも最新キットを勧めています。
Posted by らす at 2017.03.04 04:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ