戦士のズル休み | RGシナンジュ完成



フォローしてね!

2017.06.16

RGシナンジュ完成

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1741

 

MSN-06S SINANJU

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1749

 

サイドビュー。

シールドの保持は設計で工夫されていますが、やはり肩のトゲトゲと干渉して不自由さが残ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1755

 

リアビュー。

スラスター内側はメタリックブルーで塗り分けました。

詳細は後ほど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1760

 

上半身アップ。

頭部バルカン砲は市販金属パーツに置き換えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1760a

 

ビームライフルの照準はクリアパーツ化。

表面をクリアグリーンで塗装、裏側にミラージュデカールを貼りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは最後の製作記です。

 

CIMG1709

 

百式の時にスラスター内側をメタリックブルーで塗り分けたのが個人的に気に入っていたので、

今回もやってみました。

スラスター内側をガイアノーツ「スターブライトシルバー」+クレオス「色の源シアン」で塗装。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1714

 

スラスター内側に練り消しを詰め込んでマスキング。

練り消しはほぼ使い捨てになりますが百均で買えばコストを抑えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1726

 

スラスター外側をガイアノーツ「スターブライトアイアン」+クレオス「スーパーアイアン」で塗装。

練り消しを抜き取って完成。

練り消しが取れにくい場合があるので注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1728

 

膝装甲の丸モールドは削り落として市販ディテールアップパーツに置き換えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1729

 

プロペラントタンク先端のバーニアの後ハメ加工。

と言っても分割して差し込むだけですが、はめ込む際の塗装の剥がれに注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1718

 

武器類の製作。

ビームライフル、グレネードランチャーと「拡張セット」に付属するバズーカ2丁。

こちらモナカ祭りとなっております ( ;∀;)

特にバズは複雑な形状の上にほぼ全周に渡って合わせ目があるので処理がしんどいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1717

 

モナカ祭りの後は肉抜き穴祭りもたっぷり楽しめます ( ;∀;)

完成してから気づきましたが、

写真下段中央のパーツはバズーカをシールドにマウントするための接続用パーツなので2個用意する必要性は薄いです。

これらはただの肉抜き穴ではなく可動やギミックに関係している場合もあるので、

手当たり次第に埋めてしまうのではなく確認しながら作業します。

ホビー誌や個人サイト様の製作記事を参考にするのが手っ取り早いかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1761

 

バズーカ✖2も完成。

マーキングはキット付属のテトロンシールを使用、半光沢でトップコートして仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

カラーレシピです。

(C:クレオス、G:ガイアノーツ)

 

赤:(C)GXメタルレッド→(G)プレミアムレッド

 

黒:(G)ピュアブラック+(G)フロストマットブラック少々+(C)色の源シアン少々

 

フレーム等グレー:(C)ニュートラルグレー+(C)マホガニー+(C)ブラック

 

金色:(C)クリスタルカラー・トパーズゴールド+(C)色の源イエロー→(G)パールゴールド

 

プロペラントタンク等白:(G)EXホワイト→(C)クリスタルカラー・ムーンストーンパール

 

武器グレー:(C)ニュートラルグレー+(C)フィールドグレー2+(C)ブラック+(C)マホガニー少々

 

スラスター内側:(G)スターブライトシルバー+(C)色の源シアン

 

スラスター外側:(G)スターブライトアイアン+(C)スーパーアイアン

 

ビームライフル照準:(C)クリアグリーン

 

バズーカ白:(G)スチールホワイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり多くありませんが改造箇所も纏めておきます。

 

●胸部両サイドに0.4mmプラ板を貼って上半身を計0.8mm幅増し

 

●頭部バルカン砲を市販金属パーツに変更

 

●ビームライフルの照準をクリアパーツ化

 

●膝装甲の丸モールドを削り、市販ディテールアップパーツに置き換え

 

●各部肉抜き穴埋め、後ハメ加工

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に総評です。

RGシリーズの特徴でもある過剰なまでのディテールは抑えられ、

第一印象はMG版の小型化、HGUC版のアップグレード版という感じです。

プロポーションは良好、可動域も広く、全身ギミック満載で遊び甲斐のあるキットとなっています。

但し自分は全塗装してしまったので動かすのが怖くなってしまいました。

ガシガシ動かしていろんなポーズを取らせて遊びたい方は塗装せずに組むことをおすすめします。

グロスインジェクションで全身艶々、

金色の装飾部も金メッキ加工済みで塗装しなくても格好良いシナンジュが手に入ります。

 

 

 

 

一方で気になる点も挙げておきます。

 

●膝装甲、「袖」の部分等ポロリしやすいパーツが多いので可動に支障のない範囲で接着したほうが良い

 

●上半身と下半身を接続する軸が細くて短いのでなんか怖い (^_^;)

 

●デザイン上仕方ないが背負い物の関係で自立が難しい

 

●こちらもデザイン上の問題だがライフルやシールドが持たせにくい

 

 

 

 

 

 

とにかく非常に格好良いことは保証します。

「UC」好き、シナンジュが好きという方におすすめの傑作キットだと思います。

以上でした ( ‘-^ )-☆

 

次回作は複数の候補からまだ決められずにいます。

次回(模型関係記事)で発表します。

 

それではまた ( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/841-773e8645
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
完成おめでとうございます\(^o^)/
今回のシナンジュはなかなかの力作ですね。
バンダイの展示場に展示されてても遜色のないクオリティだと思います。
もしかしてらすさんも塗装にタミヤのエアブラシとかレボⅡ使ってます?

ガノタといってもガンダムカードで赤ザクとかゲルググが当たって
喜んでるようなヌルオタですが、これ見てサザビーかゲルググのガンプラ
作ってみたいなーと思いました。
Posted by ponch at 2017.06.17 02:10 | 編集
>ponchさん

こんばんは(*'ω')

自分が使っているエアブラシは、
主に模型用の塗料を販売しているGSIクレオス(旧・グンゼ産業)というメーカー製の物です。
エアブラシは使い慣れると便利すぎて筆塗りには戻れません。
近年はユーザーの熟練度に応じてビギナー向け、
ベテラン向けと価格帯も豊富で入手が比較的容易になりました。

昔のガンプラは組み立ても難しく不格好で埴輪みたいでしたが、
(それはそれで味があって良いという方も多数いらっしゃいます)
最近のは組立も簡単で非常に格好良くできています。
機会がありましたらぜひチャレンジしてみてください[^ェ^]
Posted by らす at 2017.06.17 03:32 | 編集
か、かっこいい。
シナンジュかっこいいですねー。
ノズルのブルーメタもアクセントで
いー感じですねー。
こんな表現もあるんですね。
作ってみたいけどRGは、ハードル高そー。
やっぱり昔の300円シリーズくらいで…
Posted by TYPE MM04 at 2017.06.17 06:09 | 編集
こんにちは~!

赤く煌めくシナンジュ、カッコエエ~!!
RGという事で、パーツの多さと細かさの中での苦労を乗り越えての完成だったと思いますが、この完成形を見るとそんな苦労なんて忘れちゃいますよね~(笑)
お疲れ様でした~

自分はメタリック系の完成模型の経験が無いんで、
そのうちやってみたくなりました。

そして練り消しでのマスキング!!
目からウロコでした(驚)
正々堂々とパクッちゃいますね(笑)
では、また~
Posted by テツ(8641FS) at 2017.06.17 16:29 | 編集
こんにちは。

ついに完成ですね。おめでとうございます~!
それにしてもじっくり製作されただけあって完成度が凄いですね。
たま~に僕も甥から頼まれてガンプラ作りますがここまでの完成度はなかなか出せません。
…まだ納戸に積んであるガンプラ、全部らすさんに送りつけ…いや、何でもありません(汗)

余談ですが、RGと聞いてレイザーなんちゃらRGを想像した僕って…(大汗)
Posted by いぬふりゃ☆ at 2017.06.17 18:23 | 編集
> TYPE MM04さん

おはようございます(*'ω')

自分は普段模型に触れない方、ビギナーの方にこそ、
むしろ最新キットを手に取って欲しいと思います。
最新キットは高価で組み立ても複雑ですが非常に良くできています。

一方旧キットは一個数百円と安価ですが、
成型色での色分けも寂しくプロポーションも現在の視点で見ると今ひとつ…
おまけに旧キットは組み立てに接着剤が必要で、
これらの点から上級者向けだと考えます。
Posted by らす at 2017.06.18 06:10 | 編集
> テツ(8641FS)さん

おはようございます(*'ω')

メタリック塗装は塗装ブースを使っても部屋中にメタリック粒子が飛び散ってしまうのであまりやりたくないのですが、
独特の派手な仕上がりは魅力的ですね。

練り消しを使ったマスキングは2ちゃんねるの初心者用模型質問板でゲットしたテクニックです。
練り消しを取る時、ノズルの奥に練り消しが残る場合がありますが、
その上からさらに練り消しを突っ込むと大抵一緒に取れてくれます。
練り消しに触るのは小学生の時以来で懐かしかったですね。
Posted by らす at 2017.06.18 06:36 | 編集
> いぬふりゃ☆さん

おはようございます(*'ω')

自分もたまに初対面の方からガンプラの製作を依頼されることがありますが、
自分の事で手一杯なのでほとんどお断りしています。

「RG」とは「リアルグレード」の略でガンプラのブランドのようなものです。
他にもサイズや価格帯に応じて「HG(ハイグレード)」「MG(マスターグレード)」、
「PG(パーフェクトグレード)」等が存在します。
自分も初めて「RG」と聞いた時、
あるあるネタのレイザーラモンRGを思い出しました。
ちなみにガンプラにはRGの相方の「HG」もありますね~
Posted by らす at 2017.06.18 07:03 | 編集
シナンジュ完成おめでとございます! なんというか、新車を買ったときのようなピカピカ感ですねw

 パーツの穴埋めにまさか練り消しを使うとは思いませんでした! 一部パーツを切り取って、メタルパーツで補強するのもすごいですぜ!

 塗装すると可動の際に剥がれないか気になって飾るだけになってしまうのはジレンマですねw
Posted by カゲヘビ at 2017.06.18 20:14 | 編集
こんばんは~。

完成おめでとうございます。
凄くいい色ですね。
まるでカーモデルの様で美しい仕上がりです。
プレレミアムレッド、正解でしたね。
可動よりスタイリング優先、塗装して良かったです。
その方が「ラスさん流」として、製作の定番化でしょう。
来年、多良見の展示会に出品してください。
Posted by じゃごろ at 2017.06.18 22:20 | 編集
こんばんは(^-^)

完成おめでとうございます(^-^)
カッコいいですね!
赤系のメタリックは車でも好きな色なので、とても良く感じます。

皆さん仰るように完成度が高いですね。
私は細かい作業が苦手なので、いつも感心しながら拝見しています。
お疲れ様でした(^-^)
Posted by ウィンド at 2017.06.18 22:39 | 編集
うおおおおおおお!!!
美しい====!!!!!
シナンジュ・・・・。
これほど美しいモビルスーツとは・・・。
これぞUCの美しいモビルスーツの一つ!!
完成するとプラモでもとても美しいですね・・・!!!
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

完成おめでとうございます!!
Posted by LandM at 2017.06.19 15:07 | 編集
こんばんは~!

RGシナンジュ完成おめでとうございます!

もうカッコ良すぎですよ~!
特に赤の深みのある色合いと黒のコントラストが最高です。

金色はトパーズゴールドから重ねて行ってるんですね…参考になります(`・ω・´)

製作お疲れさまでした~(*^▽^*)ノ
Posted by TARE-MAX at 2017.06.19 21:55 | 編集
こんばんわ

完成おめでとうございます

読んでいたら久しぶりにプラモが作りたくなってしまった
ボールのキットでも買ってこようかな
Posted by もっさん at 2017.06.19 22:36 | 編集
>カゲヘビさん

こんばんは(*'ω')

練り消しはマスキング用ですね。
穴埋めはパテを使っています。
RGシナンジュは肉抜き穴が多かったです[´・ω・`]

本当はいろんなポーズをとらせてブログにUPしたかったのですが、
塗装の剥がれが怖くて立ちポーズだけの展示に…
いっそグラグラする腰は接着剤で固定しようかとも思っています。
Posted by らす at 2017.06.20 02:02 | 編集
>じゃごろさん

こんばんは(*'ω')

シナンジュは設定では若干茶色っぽい赤なのですが、
今回は設定無視で自分の好みで派手派手にしました。

プレミアムレッドは発色が他の赤系塗料とは段違いですが、
半透明で隠蔽力はゼロに近いので、
それを逆手にとってメタリックレッドを下地にしてみました。
Posted by らす at 2017.06.20 02:18 | 編集
>ウィンドさん

こんばんは(*'ω')

赤のメタリック塗装は(たぶん)初挑戦でした。
エアブラシ塗装なので、
メタリック粒子のキラキラが部屋中に飛び散って掃除が大変ですが、
今回は自分自身満足できる完成度となりました。
いろんな角度から眺めてニヤニヤしています(^^♪
Posted by らす at 2017.06.20 02:33 | 編集
> LandMさん

こんばんは(*'ω')

シナンジュの曲面主体の非常に複雑なデザインを、
しかも1/144の小スケールで見事に立体化していますね。
さすがはバンダイ、ガンプラ40周年は伊達ではありません。

とりわけシナンジュのようなフラッグシップ機になると、
全身の装飾等、見た目にもこだわるのがジオンと連邦の違いですね。
Posted by らす at 2017.06.20 02:45 | 編集
> TARE-MAXさん

こんばんは(*'ω')

金色はトパーズゴールド+色の源イエローだけの予定でしたが、
塗ってみると何か物足りなかったので、
さらにその上からパールゴールドを重ねました。

全身メタリックレッド、
白もパールを吹いたので黒もメタリックにしようかと思いましたが、
悩んだ末に黒だけ非メタリックの半光沢仕上げにしました。
結果的に良かったかなと思っています。
Posted by らす at 2017.06.20 03:06 | 編集
>もっさん様

こんばんは(*'ω')

ボール良いですね。
現在入手は難しいですが、
昔発売された旧キットはボールが大小2個入っていて親子みたいで可愛いです。
Posted by らす at 2017.06.20 03:15 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ