戦士のズル休み | HiRMウイングガンダムゼロEW完成
FC2ブログ



フォローしてね!

2018.06.24

HiRMウイングガンダムゼロEW完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2151

 

XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2142

 

リアビュー。

6枚の翼が重くて自立はほぼ不可能、アクションベース必須です。

翼のフレーム(取説では「ウイングアーム」と表記)は数箇所ビスが露出します。

完成してみると思ったより目立ちませんが自分は市販ディテールアップパーツで隠しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2137

 

上半身アップ。

胸部センサードームはハイキューパーツの「ルミドーム蛍光グリーン」に置き換え、

目や頭部、胸部のクリアパーツにはオーロラデカールを貼りました。

耳はポロリしやすいので接着した方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2173

 

プレミアムバンダイで別売りの、

「MG1/100ウイングガンダムゼロEW&ドライツバーグ[スペシャルコーティング](商品名長(;゚Д゚)!)」より、

ガンダムエースの漫画版「ガンダムW」に登場する新兵器「ドライツバーグ」を拝借、

ツインバスターライフルを2組用意してダブルドライツバーグバスターを再現してみました。

もう1組のツインバスターライフルは13年前に製作した「MGウイングガンダムゼロEW」の物を塗り直しました。

ドライツバーグバスター×2を再現するにはドライツバーグとバスターライフルの接続パーツが足りないので、

バンダイに部品請求する必要があります。

 

主翼はスライド展開、大きく見せるギミックがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG2174

 

そしてまさかのネオバード変形。

変形自体はうつ伏せになって脚をたたむだけなのでシンプルですが見た目の印象が大きく変わります。

脚部は変形時に脛と膝アーマー裏をロックする機構があります。

機体先端に取り付けるシールド+バスターライフル×2が重くて展示が安定しません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【塗装】

 

組立済フレームは塗料を弾くような反応があったのでプライマーを吹いてから塗装しました。

(C:クレオス、G:ガイアノーツ)

 

白:(G)NAZCAスチールホワイト→(G)Exホワイト

 

薄いグレー:(G)NAZCAウォームライトグレー+(C)キャラクターブルー少々

 

青:(C)キャラクターブルー+(G)ブライトロイヤルブルー+(G)Exホワイト+(C)蛍光ピンク少々

 

赤:(G)レッドピンク+(G)プレミアムレッド+(G)Exホワイト少々

 

フレーム:(G)ニュートラルグレーⅤ+(G)ニュートラルグレーⅣ

 

金色:(G)スターブライトゴールド→(G)パールゴールド

 

銀色:(G)スターブライトアイアン+(G)スターブライトシルバー

 

ドライツバーグ:フレーム色+(G)ピュアブラック+(G)純色バイオレット+(C)色の源シアン

 

仕上げは半光沢、デカールは「MGウイングゼロEW&ドライツバーグ」付属デカールや過去に製作したキットの余り物、

ハイキューパーツ等の市販デカールを使用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総評です。

組立済みフレームは可動に適した素材(ABS、POM)とビス止めのおかげでスムースかつ強固に動かせます。

可動域も最新MG並に確保されていて格好良いアクションポーズを取らせることができます。

装甲はグロスインジェクション、肩や頭部アンテナの金色は金メッキで塗装しなくても高級感のある仕上がりに。

ネオバード形態への変形や今回写真は撮りませんでしたが大気圏突入形態への変形、

耳が上下に展開するゼロシステム発動状態の再現、肩部マシンキャノン展開、

バスターライフルの伸縮並びに腰部へのマウント等ギミックも満載。

マッチョ体型にアレンジされたプロポーションや強面になった顔、6枚に増えた翼は好みが分かれるところでしょうか。

HiRMシリーズ1弾の「ガンダムバルバトス」よりも3割も安くなっていますが、

それでもまだかなりの高額で子供の小遣いで買えるような物ではありません。

デカール、シール類が全く付属しない点も少し気になりました。

値段を許容できてデザインアレンジが好みだと感じたら購入する価値は十分あると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回作は「HGUCキュベレイ(REVIVE)」に決定しました。(Twitterでも宣言しちゃったし)

2連続のガンプラとなります。

 

 

 

今までも何度か候補に挙がりながら没になってきたので良い機会かなと思います。

カラーリングはハマーン専用の白ではなくて紺色のエルピー・プル専用機(Mk-2)にする予定です。

 

それではまた (・v・)ノ

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://maegata.blog100.fc2.com/tb.php/906-7a1a4c77
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは!

日常ネタで盛り上げてるらすさんのブログですが、
えぇ~プラモ完成ですかぁ~!(驚)

いつの間に変形までするこんな凄いヤツやってたのか気になります!

でも情報量が多い機体を綺麗に仕上げてて、
カッコイイなぁ~
この機体の羽根なんか自分がやったら楽に一年ブログネタに・・・(汗)

次のキュベレイも1st好きな自分ですが知ってる機体なんで、
完成楽しみにしてますね!

まずはウイングガンダムゼロ製作お疲れ様でした!
では、また~
Posted by テツ(8641FS) at 2018.06.24 16:50 | 編集
こんばんは。

すごーい!めっちゃかっこいい!そして細かい!(◎_◎;)
1/100でしょうか?かなり大きそうですね。
これを作るのに切り出したであろうパーツの数、そしてゲート処理や塗装の手間を想像すると気が遠くなります…(汗)
やっぱりガンダムには主役のオーラを感じますね。
自分のガンプラチョイスはどうしても地味で泥臭いMSになるんで、こういうのが1つ混じったら…浮くだろうな…。

今ぼちぼちとMS06R1に手を付けてるのですが、
お手々と頭のゲート処理だけで力尽きています(笑)
Posted by いぬふりゃ☆ at 2018.06.24 20:28 | 編集
> テツ(8641FS)さん

こんばんは(´▽`)
ウイングゼロの感想ありがとうございます。

ウチも元々は模型オンリーのブログだったのですが、
あまりに手が遅すぎて模型だけではネタが持たなくなり現在のような感じになっています(^_^;)

今回のウイングゼロは2月中旬ぐらいから作り始めたので、
製作期間は4ヶ月ちょっとぐらいになります。
(途中で三角木馬を作ってるんで実質3ヶ月半ぐらい?)
アニメ本編では変形のへの字もなかったので変形可能には驚きましたね。

キュベレイは自分も好きですが自分の兄も好きなMSです。
兄も見ていると思うので頑張って仕上げようと思います。
Posted by らす at 2018.06.24 23:25 | 編集
> いぬふりゃ☆さん

こんばんは(´▽`)

今回のウイングガンダムゼロは1/100ですが、
「ガンダムW」のMSは宇宙世紀のMSよりもやや小型という設定なので、
同スケールのガンダムやザクよりも一回り小さくなっています。
しかし翼を含めたボリュームはガンダム以上だと思います。

ゲート跡等の処理(所謂表面処理)は地味で面倒な作業ですね。
自分もテレビを見ながら、
なるべくストレスにならないようにやっています。

MS06Rということは高機動型ザクでしょうか。
脚が格好良いですね~
自分も子供の頃に作ったことがあります。
Posted by らす at 2018.06.24 23:38 | 編集
こんばんは^^
完成、おめでとうございます^^
ガンダムも放映当初はシンプルなデザインでしたが、回を重ねる毎にド派手なデザインになって行きますねぇ@@
これに比べたら、『マジンガーZ』なんていかにシンプルだった事か^^;
可変もするという事で、最近のガンプラは凄いですね@@
Posted by ロベルタ中尉@ジオン公国 at 2018.06.25 18:09 | 編集
> ロベルタ中尉@ジオン公国さん

こんばんは(´▽`)

ガンダムもゼータで変形、
ダブルゼータで合体変形と恐竜のような進化を遂げていきましたね。
宇宙世紀以外ではさらに背中に巨大な砲がついたり羽がついたり…
おかげで背負い物が重すぎて自立すらできないガンプラが続出しています(^_^;)
Posted by らす at 2018.06.25 20:46 | 編集
完成おめでとうございます\(^o^)/
完成したウイングガンダムゼロ、改めて見ると壮観ですねー。
これ組み立てるの相当根気要りますよねー(;^_^A
怪獣って時代が下るほど角とか羽が生えて派手になってきますが、
ガンダムも時代が下るほど、
角とか羽が生えて派手になってるように思います。
Posted by ponch at 2018.06.26 00:57 | 編集
>ponchさん

こんばんは(´▽`)

ただ組むだけなら1~2日でできますし、
組立難度もそれほど高くありません。
ただ自分は全塗装という茨の道を選んでしまいましたので…
当初の予定を大幅にオーバー、完成まで4ヶ月もかかりました。

ガンダムも新作が発表されるたびにデザインに何かしら新しい要素が導入されます。
ファンに「〇〇と一緒じゃん」とか突っ込まれてしまいますからねえ。
Posted by らす at 2018.06.27 04:01 | 編集
Wガンダムエンドレスワルツ版!!
やはりかっこいい。。。
いや、これは一つのガンダムの究極系だよ。。。
(*´ω`)

羽があるガンダム。
翼があるガンダム。。。
これはもはや芸術!!
今なお、評価が高いガンダムですよね。
素晴らしい画像をありがとうございます。
(*'▽')
Posted by LandM at 2018.06.30 20:32 | 編集
>LandMさん

こんばんは(*´∀`*)

ウイングガンダムゼロEW版(最初は「ゼロカスタム」と呼ばれていた)は、
1/144HG、旧1/100、1/60PG、1/100MG、1/144RG、
そして今回の1/100HiRMと6回もキット化されていることからも人気機体だということは明白です。

「ガンダムW」がOVA化する際に5体のガンダムは全てカトキハジメ氏が新規にデザインを起こしましたが、
ウイングゼロの天使のような羽は最初見た時は正直「なんじゃこりゃ」と思いました。
でも実際に映像を見たら格好良かったですね。
Posted by らす at 2018.07.01 23:46 | 編集
完成おめでとうございますー。
カッコいー。白い部分まで
装甲ごとに塗り分けとか
もーすごい完成度ですねっ。
大天使、美しい。
このバージョンは
かなりマッチョですねー。
コレはこれでまた素敵です。
すべてが重力を無視してて
保持がたいへんそー。
製作のご苦労がしのばれます。
ホントにすごいのです。
貢ぎモノはいましばらくお待ちを…
Posted by TYPE MM04 at 2018.07.04 12:49 | 編集
> TYPE MM04さん

こんばんは(*´∀`*)

ガンダムの装甲の白い部分が濃淡複数再現されているのは近年のガンプラのトレンドですね。
情報量、リアル感を高めようという狙いがあります。
羽も白と薄いグレーの2色構成でしたが好みでほぼ白一色で塗装しました。

マッチョ体型は好みが分かれるところですが、
四肢が太い方が大きい武器が似合いますね。
写真の大型武器の保持は透明の補助スタンドがないと無理です(>_<)
Posted by らす at 2018.07.05 19:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
まとめ